日本酒時代の到来か!?
「SAKEカクテル」が大旋風!

WORLD TOPICS海外トピックス

日本酒時代の到来か!?
「SAKEカクテル」が大旋風!

15.11.2011 #World Topics Japan

東京に、世界初の日本酒カクテル専門バーがオープンして半年あまり。それに続くように、国内各地で、蔵元と一体で「日本酒カクテル」を盛り上げる動きが著しい。日本酒の新たな動きに迫る!

Drink Planet編集部

京都には、地元の日本酒を大々的にPRする特設バーが出現。そこで登場した新しい飲み方とは!?

ビールに発泡酒、果実酒に焼酎、そして各種スピリッツ……。

さまざまなテイストのアルコールが世にあふれ、各国のお酒が気軽に入手できるようになった今、純国産の象徴である日本酒の販売量は顕著に減退している。

いまや日本酒の販売量は、ピーク時から1/3にも減っているのだそう。

(国税庁の統計によると、1975年に167万klだった日本酒販売量は、2008年には63万klにまで減少! )

そんな中、2011年4月、東京に「サキ・ホール・ヒビヤ・バー(SAKE HALL HIBIYA BAR)」がオープンして、一躍話題を集めている。

「サキ」とは「SAKE」、つまり日本酒。 

(海外で、日本酒は「サキ」と呼ぶのが主流!)

「日本酒が身近ではない客層に日本酒の魅力を伝えたい」との願いから誕生した、世界初の日本酒カクテル専門バーだ。

オープンしてから半年経った今も、着実に客足を伸ばし、新たな味を世に送り出している。

ところ変わって京都では、2011年10月に「京都の日本酒振興プロジェクト」が始動。

その名の通り、京都府内の蔵元と手を組んで、日本酒人気の巻き返しをはかろうとする取り組みだ。

ここでも、「SAKEカクテル」が新しい飲み方として提案され、話題を集めている。

「日本酒 × カクテル」。

決して新しい組み合わせではないものの、今、あえて注目されるその理由とは。

東京&京都から、各地の動きをリポート!

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特集