トロピカル建築の父、バワが設計した
スリランカのホテルバー「Coats of Arms Bar」!

WORLD TOPICS海外トピックス

トロピカル建築の父、バワが設計した
スリランカのホテルバー「Coats of Arms Bar」!

#World Topics ASIA

あのアマンの元ネタとされ、「トロピカル建築の父」と讃えられる天才建築家、ジェフリー・バワ。祖国スリランカにはバワ設計のリゾートが数多く存在していますが、なかでもバワの「らしさ」がもっとも色濃く反映された「Jetwing Lighthouse」のホテルバーへ。

Drink Planet編集部 撮影:Daisuke Akita

「Jetwing Lighthouse」の全景。右奥、海に突き出たように見えるのが世界遺産のゴール旧市街と要塞。

アジアンリゾートの原点!?

今やビーチリゾートでは当たり前となった、手前のプールと奥の海が一体となって繋がっているように見えるインフィニティプール。

(最近ではインフィニティ温泉なんてものまで出現!)

このインフィニティプールという手法をリゾート建築に最初に採り入れたとされる人物が、スリランカが誇る偉大なる建築家、ジェフリー・バワ(1919~2003)です。

インフィニティプールの他にも、これまた今では当たり前になった自然との調和や連続性を重視した建築手法(扉や壁、時には天井を取り払い、光や風や水を巧みに取り入れた建築)をいち早く採用し、「トロピカル建築の先駆者」あるいは「アジアンリゾートの原点」と讃えられています。

あのアマンリゾーツの元ネタはバワだった、なんて噂までまことしやかに囁かれるほど。

生前バワは祖国であるスリランカで数多くのホテルを手がけてきましたが、そのほとんどはコロンボからゴールまで続く南西海岸に建てられたビーチリゾートでした。

なかでもバワ晩年の最高傑作とされているのが、世界遺産ゴールにほど近いインド洋沿いに構えるビーチリゾート「Jetwing Lighthouse」です。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。