禁酒法時代の残り香。
密かに流行中のSpeakeasyとは?

WORLD TOPICS海外トピックス

禁酒法時代の残り香。
密かに流行中のSpeakeasyとは?

15.04.2010 #World Topics America

禁酒法時代に流行したSpeakeasyが、全米各地で復活しているという。そもそもSpeakeasyとは何なのか? なぜ今Speakeasyが復活しているのか? 現地からの「生の声」をお届け。

by Stephen Knight

©Justin Lew  写真3点はサンフランシスコの「Bourbon & Branch」。

1920 年にアメリカで施行された世紀の悪法、禁酒法。
現在のクラシックカクテルブームは、この禁酒法時代のカルチャーにもスポットを当てはじめた。

その一例が「Speakeasy」。
簡単にいうと、禁酒法時代の「もぐり酒場」のことだ。

クラシックカクテルの復活とともに、この「Speakeasy」スタイルのバーも再び現代に蘇った。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。