禁断の味をカクテルに!?
米国アブサン最新事情。

WORLD TOPICS海外トピックス

禁断の味をカクテルに!?
米国アブサン最新事情。

01.03.2011 #World Topics America

かつて人々に幻想を抱かせたアブサンが、米国で解禁されたのは2007年。今、NYのバーシーンでは、アブサンそのものよりもカクテルにしたほうが人気だとか。その真相はいかに!?

Yumi Komatsu(NY在住)

かつてアブサンといえば、角砂糖とスプーンで楽しむスタイルが一般的であったが…

ドガやゴッホ、ヘミングウェイなど数々の芸術家や文豪をとりこにしてきたアブサン。

「覚醒作用を引き起こしそうになる禁断の一滴」

こんな響きは、米国人にとっても人々に甘い幻想と誘惑を抱かせてきた幻の存在だった。

そう、あのニュースが報じられるまでは。

2007年、大々的に報じられた米国でのアブサン解禁は、アブサンの存在自体を知らない若い世代へも「禁じられた遊び」に興味を抱かせることになり、人々にとってアブサンをぐっと身近な存在にさせた。

各媒体がこぞって「どこでアブサンが飲めるか!?」という特集を組んでいたのも記憶に新しい。

さて、解禁から数年たった今、アブサンはどのような形で米国人に受け入れられているのだろうか。

現代によみがえる「禁断の味」の最新事情を探るべく、アブサン入りカクテルをサーブすることで有名なNY市内の一軒に向かった。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特集