ビール醸造における廃棄物を
「スーパー小麦粉」にアップサイクル!

WORLD TOPICS海外トピックス

ビール醸造における廃棄物を
「スーパー小麦粉」にアップサイクル!

15.07.2019 #World Topics America

食料廃棄物を単にリサイクルするのではなく、付加価値を付けてアップサイクルすることで、フードロスは劇的に削減できるかもしれない。いわゆるビール粕を「スーパー小麦粉」にアップサイクルする取り組みをレポート!

Chiyo Yamauchi(NY在住)

ここニューヨークをはじめ米国全土で、クラフトビールが注目を集めて久しい。

米国のクラフトビール醸造所の数は、2010年頃から今も右肩上がりで増え続けている。

2018年の調査によると、前年比13.2%増で7,346醸造所もあり、2014年の3,814醸造所に比べて、なんと約2倍になっている(ブルワーズ・アソシエーション調べ)。

こういった動きは地域の雇用創出、また、地ビール(ローカルビール)であるクラフトビールはその土地のシンボルにもなり、地域活性化にも一役買う。

ただ一方で、問題も抱えていた。

それは、大量に捨てられる「麦芽の粕(ビール粕)」、いわば食料廃棄問題だ。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材