老舗・数寄屋橋サンボアの挑戦、
ノンアルコールカクテル。
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

老舗・数寄屋橋サンボアの挑戦、
ノンアルコールカクテル。
<前編>

01.07.2021 #Interview

Atsushi Tsuda/津田敦史 by「数寄屋橋サンボア」

ハイボールをスタンディングでぐいっと飲んで、長居をせずにさっと帰っていく。ほとんどが常連客で硬派な雰囲気のサンボアは、一見からするとややハードルが高いと感じるかもしれない。しかし、昨年から続くコロナ禍をきっかけに、数寄屋橋で新しい風が吹き始めていた。

文:Asako Ishikawa

2010年にオープンした数寄屋橋サンボアは、昨年10周年を迎えた。路面店でスタンディング、チャージ300円、全席禁煙と入りやすい条件が揃っている。Photos by Daisuke Akita

サンボアで、ノンアルコールカクテル?!

開店時間を過ぎると、数寄屋通りの路面店にぽつりぽつりと客人がやって来る。

「こんばんは。こちらへどうぞ」

タンブラーへ角瓶が注がれ、ウィルキンソン タンサンの瓶が垂直にドボドボッ! と一本まるごと入っていくまで10秒かかるだろうか。眺めているだけで、爽快な気分になる作り方だ。

創業から100年を超える老舗、サンボア。

当時、氷はとても貴重でグラスの中に入れるよりも食材を冷やすために使われていた。

その名残で現在も氷は入れず、冷凍した角瓶などのウイスキーをベースにしたハイボールを提供している。

そんな“氷なしのハイボール”で有名なサンボアだが、ここ数寄屋橋ではジントニックやマティーニ、オールド・ファッションドなどのカクテルを手にする姿もよく見かける。

さらに、最近ではモスコーミュールやネグローニ、グラスホッパーなどのノンアルコールカクテルも。

ハイボールを注文する常連客が多いサンボアで、コロナ禍による変化が少しずつ起きていた。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材