バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

Redesign Cocktail

カフェテイストの醸造所!
豪州発の地ビール事情。

カフェテイストの醸造所!
豪州発の地ビール事情。

OTHRES

この記事のタグ
オーストラリア
地ビール
ラガー
ツマミ
ビール
白ビール
黒ビール
OTHERS

10.11.01

「レッドオーク」のテイスティングボード。

国民一人あたりのビール消費量、年間85.1ℓ。大瓶に換算すること134.4本。

……日本の倍ものビール量を消費するビール大好き、オージー(=オーストラリア)ピープル。

ここ数年は、世界的なお墨付きを得たオージーワインの人気が高まってはいるが、それでもまだまだ、ビールの人気は根強いまま。

その種類を挙げれば、実にバリエーション豊か。

英国植民地時代にはじめてつくられたのはエールタイプだし、今の主流は日本と同じくラガータイプ。 

最近はヘルシー志向のオーガニックタイプや、ちょっとお高いプレミアムビールも徐々に人気をあつめている。

そもそもオーストラリアのビールが多様なのは、植民地時代の英国人の影響に加えて、のちに移住してきたドイツやチェコ、ベルギー、スペインなどビール文化の移民たちのおかげ。

彼らが持ち込んだ文化がそのまま根付き、今のオージービールが存在するのだ。

しかも、日本のように全国どこでも手に入る大手メーカーの銘柄なんて概念は存在せず、ビールといえばその土地ならではのもの!

全豪どこへ行っても人気があるのはその州でつくられた地ビールだし、小規模の醸造所というのも各地にある。

そして今、女性を中心にウケているのが、カフェテイストでちょっとオシャレなブティック・ブリュワリーなる醸造所。

人気の秘密は、複数のビールを少しずつ味わえる上(といっても、日本サイズの少しではない!)、ビールに合ったおいしい料理までいただけること!

ではさっそく、シドニーで今一番ホットなブティック・ブリュワリー「レッドオーク」をご紹介!

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

吉本彩乃

Monin Cup Japan / Monin Cocktail Competition/日仏貿易株式会社 2018

金谷麻由

Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部 2018

岡山 寛

Hennessy X.O. Cocktail Competition / MHD 2018

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン 2018

特別レポート

「The SG Club」後閑信吾さんが語る
最新アメリカンウイスキー事情!

「The SG Club」後閑信吾さんが語る
最新アメリカンウイスキー事情!

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

J.W.サワー

カクテル人気ランキング1>位
J.W.サワー

ムーンライト・ライチ・ブロッサム

カクテル人気ランキング2>位
ムーンライト・ライチ・ブロッサム

ウィリアムズ・パンチ

カクテル人気ランキング3>位
ウィリアムズ・パンチ

World Topicsランキング TOP3

【この街ならこのバー5選】
不定期連載①【パリ編】

World Topics人気ランキング1位
【この街ならこのバー5選】
不定期連載①【パリ編】

欧米のトップバー御用達
UK発「フィーバー・ツリー」とは!?

World Topics人気ランキング2位
欧米のトップバー御用達
UK発「フィーバー・ツリー」とは!?

あの後閑信吾さんが手がけた
「SOBER COMPANY」に潜入!

World Topics人気ランキング3位
あの後閑信吾さんが手がけた
「SOBER COMPANY」に潜入!

World Topics 関連記事

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール