目標は日本の「完璧な氷」!?
アメリカの氷事情とは?

WORLD TOPICS海外トピックス

目標は日本の「完璧な氷」!?
アメリカの氷事情とは?

01.08.2010 #World Topics America

日本のバーで氷といえば、氷専門店から仕入れた角氷が常識。一方アメリカでバーの氷といえば、専門店や製氷機メーカー、バーマンらが知恵を絞って作り出すものらしい。創意工夫が詰まった、アメリカの氷事情に迫る。


Stephen Knight

「日本の常識は、他国の非常識」

そんな言葉がぴったりのエピソードかもしれない。

日本のバーシーンでは伝統的に「いいカクテルをつくるには、いい氷が必要」と考えられてきた。

そのため、氷は氷の専門店に注文するもの。

角氷を仕入れて、加工して使用するのが日本のスタンダードだ。


一方、アメリカでは長年、氷は二の次の存在だった。

いまだに、真ん中に穴の空いたような、水っぽい氷を使用しているバーやパブも多い。

ところが最近になって、アメリカの氷事情に変化が起きはじめた。

クラシックカクテルへの回帰が叫ばれているせいか、はたまたバーテンダーが「正統」な材料を求めるようになったためか。

とにかく、アメリカでも「完璧な氷」への需要が高まりを見せているのだ。


どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。