ハードセルツァーの次は「缶カクテル」!
全米の「缶カクテル」最前線をレポート。

WORLD TOPICS海外トピックス

ハードセルツァーの次は「缶カクテル」!
全米の「缶カクテル」最前線をレポート。

#World Topics America

日本よりもかな~り進んでいるとされるアメリカのカクテルカルチャー。当然のごとく、缶カクテルも種類が豊富なんだけれど、近年は種類にも増してコンセプトやクオリティに変化が見られるんだとか。一体どんな感じなのかを現地からレポートします!

Chiyo Yamauchi(NY在住)

きっかけは、コロナ禍のロックダウン!

アメリカでは、ハードセルツァー(アルコール入り炭酸水)の人気に続いて缶カクテルが注目を集めている。

缶カクテル自体は以前から存在していたが、それらの多くは、クラフトカクテルの味とはほど遠い、甘ったるい酒として認識されていた。

ところが、ロックダウンを機に状況は一転。

宅飲みが広がるにつれ、実は「缶カクテルのクオリティがあがっている」ことに気づく消費者が増えていったと言われている。

カクテルを自宅で作る楽しさというのはもちろんあるが、缶カクテルは、その下準備も計量も、片付けも必要ない。

飲料界では「RTD(Ready-To-Drink:すぐに飲める)」とカテゴライズされており、安定したクオリティを「より手軽に楽しめる」とあって、過去3年間ほどですっかり市民権を得た様子だ。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。