「ジャパニーズフェス2022 in東京」レポート
Drink Planetが注目した銘柄はコレだ!

WORLD TOPICS海外トピックス

「ジャパニーズフェス2022 in東京」レポート
Drink Planetが注目した銘柄はコレだ!

#World Topics Japan

2022年12月17日18日の2日間、メイド・イン・ジャパンの蒸留酒に特化したイベント「ジャパニーズフェス2022 in東京」が初開催されました。焼酎・泡盛からジン、スピリッツ、ウイスキーまで、日本の蒸留酒が一堂に会する初めてのイベントのなかから、Drink Planetが注目した銘柄をピックアップ!

Drink Planet編集部

「秋田杉GIN」。

まるで森林浴!?なジャパニーズジン。

今回初開催された「ジャパニーズフェス2022 in東京」では、60を超える蒸留所・醸造所が出展し、500種類を超える日本の蒸留酒が会場を賑わせました。

なかでも目立っていたのは、なんといっても、いまを時めくジンのカテゴリー。

「ジャパニーズフェス2022 in東京」を主催するウイスキー文化研究所の調べによると、2022年12月現在、ジンを製造する日本国内の蒸留所の数は確認できるだけでも120に達するんだとか。

2023年末には150を超えるのでは? と予想されています。

(Drink Planet編集部もそのスピードに追いつけません!)

そんななかDrink Planetが特に注目したのは、オエノングループ/秋田県醗酵工業による「秋田杉GIN」です。

それにしてもストレートなネーミングですね~。

こちらの「秋田杉GIN」、ひとことで表現すると「まるで森林浴!」しているような味わいのジンになります。

使用されるボタニカルは、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、オレンジピール、レモンピールという5種類のボタニカルと、秋田杉の葉。

木材として利用価値のない秋田杉の葉の部分はこれまで廃棄されていたそうですが、実は香りが一番いいのはこの葉の部分。

というワケで、天然秋田杉の香りをキレイに昇華させた「秋田杉GIN」は東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2021で、ジャパニーズジンでは初となる最高金賞を受賞しています。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。