ヘンドリックスジンの新蒸溜所
その名も「ジン・パレス」が開業!

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

ヘンドリックスジンの新蒸溜所
その名も「ジン・パレス」が開業!

29.12.2018 #News!News!News!

提供:三陽物産

キュウリとバラのフレーバーを持ち、クラフトジンの先駆けともいえる存在のヘンドリックスジン。

先日、Drink Planetでは、グローバルアンバサダーのアリー・マーティンさん独占インタビューもしました。

そのヘンドリックスジンからビッグニュースが!

ヘンドリックスジンの新たな蒸溜所、その名も「ジン・パレス(ジンの宮殿)」がオープンしたというのです。

場所は、これまでと同じスコットランド・ガーヴァンにあるウイリアム・グラント&サンズ社の蒸溜所の敷地内。

が、真っ黒のレンガの壁で隔てられ、見た目的にも雰囲気的にも他の敷地とはまったくの別モノなのです。

その外観はちょっと妖しく、蒸溜所というよりも、中世の大聖堂のよう。

(ヘンドリックスジンのボトルのような独特の世界観)

実際に1基のカーターヘッドスティルと2基のベネットスティルがまるで祭壇のように控えています。

(その上にはキュウリとバラのステンドグラスが!)

また両側には、マスターディスティラーのレスリー・グラシーの強い要望により、世界中の植物が集められたボタニカルガーデン(温室)が広がっています。

レスリーはここで植物を育て、新たなジンへの実験を繰り返すんだそうです。

さらにはレスリー専用のラボ(実験室)や、フレーバーライブラリー、講義用のシアター、スタイリッシュなバーも設置。

この場所から、また新たなジンが生まれることを予感させます。

今のところ「ジン・パレス」は一般公開されていませんが、業界関係者であれば見学するチャンスもあるかもしれません。

新たな蒸溜所「ジン・パレス」を得たヘンドリックスジンは今後、ドリンクシーンにどんな変革をもたらすのでしょうか?

<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ