日本初のノンアルコールジン
「NEMA 0.00%」登場!

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

日本初のノンアルコールジン
「NEMA 0.00%」登場!

25.12.2018 #News!News!News!

提供:Cocktail Bar Nemanja

北條智之さんがオーナーを務める「カクテルバー・ネマニャ」より、日本初のノンアルコールジン「NEMA 0.00%」が発売されました。

(早くも入手困難らしく、SNS等で話題のヤツ!)

微量なアルコールも含まず、無香料・無添加、自然由来の素材のみでつくりあげた完全アルコールフリーのジンです。

商品名の「NEMA」とは、北條さんのお店「Nemanja」の頭文字4文字であると同時に、セルビア語で「無い」を意味するんだそう。

つまり、アルコール「無し」ってことです。

キーボタニカルは、2種類のバラ。

ひとつは「オーバーナイトセンセーション」という、香りの実験のためにスペースシャトルに乗って宇宙空間に運ばれた品種(当然香りがいい!)。

もう1つは、人類が初めて蒸溜したとされる「ゴルムハマディ」。

こちらはダマスクス系で、全体に力強いボディ感を与えるために使用されています。

いずれも長野県の標高約1,000mのところにあるアサオカローズの農場で丹精込めて育てられたバラだそうです。

この2種類のバラをキーボタニカルにして、今回は「Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00% First Edition」と「Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00% Distiller’s Cut 2018」の2種類がリリースされています。

「精油を希釈しただけのノンアルコールジンではなく、それぞれのボタニカルを個別にきちんと蒸溜し、そこで得られた芳香蒸溜水をブレンドしてノンアルコールジンをつくりたかったんです」とは商品開発者でもある北條さんの言葉。

そのぶん、かなり面倒で手間暇かかる工程を経ています。

「NEMA」の特徴は、なんといっても豊かな芳香。

その香りを活かすため、例えばジン・トニックなら、あらかじめ「NEMA」を常温で保存し、使用する前にボトルを一振りして香りを開かせます。

さらに、香りをキープさせるために、「NEMA」、トニックウォーター、氷の順番に入れて、ゆっくりと冷やしていき、ノーライムで仕上げるのがコツとのこと。

その他、アルコールのジンと「NEMA」を1:1で使用して、香りを楽しむ軽めのギムレットに仕立てる、なんて使い方もあるそうです。

ご予約は、下記のカクテルバー・ネマニャのホームページネットショップで!

★Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00% First Edition
・価格/2963円(税込3200円)
・容量/500ml
・使用ボタニカル/オーバーナイトセンセーション、ゴルムハマディ、ジュニパーベリー、ラベンダー、カルダモン、コリアンダーシード

★Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00% Distiller’s Cut 2018(数量限定品)
・価格/3612円(税込3900円)
・容量/500ml
・使用ボタニカル/オーバーナイトセンセーション、ゴルムハマディ、ジュニパーベリー、ラベンダー、カルダモン、コリアンダーシード、ローズマリー、セージ

★カクテルバー・ネマニャのホームページ(ショップのオンラインは12月25日から)
https://www.bar-nemanja.com

★グローバルジンギャラリー(取扱店)
http://www.gin-gallery.com

★Bartender general store(取扱店)
http://www.bartenders-generalstore.net


<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ