シンガポール発、スパイス香る
“アジアン チャイニーズ”バー。
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

シンガポール発、スパイス香る
“アジアン チャイニーズ”バー。
<前編>

01.11.2014 #Interview

Kae Yin by「NUTMEG & CLOVE 」

ウェスタンスタイルが主流のシンガポールで“アジアン チャイニーズ”をコンセプトとしたバーを仕切るのは台湾出身のカー・インさん。スパイスとコロニアルの香りが漂うバー「NUTMEG & CLOVE」へ。

文:Nahoko Kodama(シンガポール在住)

©Calvin Huang

シンガポールの中でも中国色の強い地区、チャイナタウンにも近いAnn Siang Road(アンシャンロード)。

その通りには築100年くらいのショップハウスと呼ばれる西洋長屋のような建物が並ぶ。

それらのほとんどはバーやレストラン、インテリアに凝ったブティックホテルに改装され、特に欧米人たちに人気の高いエリアだ。

シンガポールがまだイギリスの植民地だった19世紀初頭、ここはスパイスのプランテーションだったという。

この少し小高い丘で、ナツメグとクローブが栽培されていたのだと。

それで、店名は「NUTMEG & CLOVE 」。

1830年代に建てられたこのビルはシンガポール最古の広東洲移民たちの公民館で、以前は麻雀を楽しみにくる老人たちの憩いの場でもあった。

そんな旧い建物がシンガポールのF&B業界の重鎮Lam Chi Mun氏と若いヘッドバーテンダー、そして英国人パートナー(「ロンドン「Nightjar」のMarian Beke氏」)のスパイスの利いた舵取りで、ユニークなバーに生まれ変わったのは今年(2014年)6月のこと。

バーには美味しいバーフードを手がける専属シェフもいる。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。