KIRIP TRUMAN:
独学でカクテル界の最先端へ。
香気成分を軸にカクテルレシピ構築。<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

KIRIP TRUMAN:
独学でカクテル界の最先端へ。
香気成分を軸にカクテルレシピ構築。<前編>

01.03.2023 #Interview

Toru Kiriyama/桐山透 by「KIRIP TRUMAN」

SNSによって実力派バーテンダーが“発見”されるようになった昨今。桐山透さんもそんな一人かもしれない。フードペアリングにヒントを得て独自に研究したという、香気成分を軸にした、カクテルレシピ構築方法が凄いのだ!

文:Akihiko Nishio 撮影:Naohiro Kurashina

「KIRIP TRUMAN」のカウンター席。

頭のなかのイメージを具現化した店づくり。

「ゴチャゴチャして見えるかもしれませんが、私の頭のなかを具現化したお店です(笑)」

そうオーナーバーテンダーの桐山透さんが語る通り、さまざまな要素が詰め込まれていても、不思議なバランスで調和している。

スケルトンから設計だけお願いして、カウンターや天井、窓際の造作まで、内装はほぼご自身が仕上げた。

桐山さんが、大阪のビジネス街である北浜にBAR「KIRIP TRUMAN」をオープンしたのは2017年7月と、5年以上前のこと。

お店がある北浜・土佐堀通沿いは、広域本町ビジネス街の北端。

川に面した立地も相まって、北浜のなかでも特にカフェが多いエリアだ。

どちらかというと、夜は早く、バーは数軒が点在するくらい。

「オープン当初は今と違って、赤白泡8種類のグラスワインと数百本のウイスキーの二刀流バーで、客層はアッパーな30代から60代の方でした」

ワインに代わって、カクテルに力を入れだしたのは2019年頃から。

「カクテルブックも自作するようになり、これからという時にコロナ禍でした……。もとからバーラバーの分母が少ない上に、近隣の大きな会社ほど飲み会禁止のお達しが出て、飲み歩く人はさらに減りました」

そこでチャレンジしたのが、従来の客層とは違う層へのアプローチだ。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。