ラム専門バー「SCREW DRIVER』海老沢さんに聞く 
今、ラムってどんな感じ!?
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

ラム専門バー「SCREW DRIVER』海老沢さんに聞く
今、ラムってどんな感じ!?
<前編>

01.06.2021 #Interview

Shinobu Ebisawa/海老沢忍 by「SCREW DRIVER」

世界的にスパイスドラムが流行の兆しを見せ、「ネクストクラフトジン」は「ラム」なんて噂も飛び交うなか、ずばり日本ラム協会の会長である海老沢忍さんに「今、ラムってどんな感じ」なのかを聞いてみました。

文:Drink Planet編集部

Photos by Norico

東京郊外の吉祥寺駅から徒歩5分ほどの雑居ビル。

エレベーターはなく、狭い階段を上りきった最上階に、目的のラム専門バー「SCREW DRIVER」は構えている。

開業は1997年。

吉祥寺のバーカルチャーを長らく牽引してきた存在であり、同時に日本のラムバーの草分け的存在といっていいだろう。

この「SCREW DRIVER」のオーナーが、ご存知、日本ラム協会・会長の海老沢忍さんだ。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。