イタリアの伝統的な「飲む」習慣、
アペリティーボがミラノで復活!

WORLD TOPICS海外トピックス

イタリアの伝統的な「飲む」習慣、
アペリティーボがミラノで復活!

15.07.2010 #World Topics ITALIA

ディナーの前にいつもの店で、軽いつまみと食前酒を1杯。忙しい現代人たちが忘れかけていた食前酒の習慣「アペリティーボ」が、今、復活の兆しを見せている。このアペリティーボの復活に一役買ったのは……。

Miki Tanaka(ミラノ在住)

おつまみビュッフェ。

ひと昔前まではイタリアの一般的な習慣だった「アペリティーボ」。

南イタリアを中心とした伝統習慣のことで、夕刻、まずは行きつけのバールなどで軽く1杯。

それからディナーへと繰り出すのが、お決まりのパターンだった。

そこで飲むのは、スプマンテやカンパリ、アペロール、またはノンアルコールのクロディーノなど。

オリーブやナッツといった軽いおつまみと一緒に楽しんだものだった。


このアペリティーボ、南イタリアでは今も習慣として残っているものの、忙しいミラネーゼにはすっかり忘れられていた。

特別な機会でもない限り、普段の生活ではまずお目にかかれない存在に。

アペリティーボは次第に、時間に余裕のある年輩の人たちがおしゃべりの時間を楽しむためにするもの、というイメージが定着していった。


ところが、である。

ここ10年ほどでミラノのアペリティーボ事情はがらりと一変。

現在では、老若男女問わず、たくさんの人たちがアペリティーボを楽しんでいる。

ミラネーゼたちに、一体なにが起こったのだろうか。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。