昼間と夜は別の顔。
2足のわらじを履くミラノのバー。

WORLD TOPICS海外トピックス

昼間と夜は別の顔。
2足のわらじを履くミラノのバー。

15.06.2010 #World Topics ITALIA

新鮮な刺身をつまみに、アペリティーボを楽しむ。港から離れた内陸のミラノで、日本人には垂涎ものの組み合わせに出会った。昼間は違う顔を持つという、ミラノでは有名なバー。その人気の秘密に迫った。

Miki Tanaka(ミラノ在住)

「da Claudio(ダ・クラウディオ)は、何の店?」

ミラネーゼたちはきっと、口を揃えて「魚屋!」と答えるだろう。

そう、「da Claudio」はミラノ随一の老舗の魚屋。

おいしくて、新鮮な魚を買うなら「da Claudio」。
50年以上続く人気店だ。

と同時に、この「da Claudio」の“刺身バー”について聞いたら、それを知らない人もいないはず。

老舗の魚屋は、刺身をつまみにアペリティーボ(食前酒)が楽しめる人気のバーでもある。

つまり魚屋とバー、ふたつの顔を持つ店なのだ。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材