削減すべき二酸化炭素でマティーニを!
地球に優しい未来的ウォッカ「Air」。

WORLD TOPICS海外トピックス

削減すべき二酸化炭素でマティーニを!
地球に優しい未来的ウォッカ「Air」。

15.06.2021 #World Topics America

ブルックリンのスタートアップ「エア・カンパニー」が、大気中の二酸化炭素と水を原料に、太陽の力でウォッカをつくってしまった。そんなスーパーサステナブルな脱炭素化ウォッカの気になるお味や創業者の思惑を紹介しよう!

Rika Higashi(ポートランド在住)

創業者のグレゴリー・コンスタンティン氏と人工光合成を研究する化学物理学者のスタフォード・シーハン博士。© Air Co.

不純物ゼロのウォッカが誕生!

「エア・ウォッカ(Air Vodka)」は、大手酒造企業で働いていたグレゴリー・コンスタンティン(Gregory Constantine)氏と人工光合成を研究する化学物理学者のスタフォード・シーハン博士(Dr. Stafford Sheehan)が2017年、ニューヨーク州ブルックリンで立ち上げた「エア・カンパニー(Air Company)」の最初の商品だ。

エア・カンパニーの核となっているのは、今、世界的に注目されている脱炭素化技術。

地球温暖化の最大の要因である大気中の二酸化炭素を不純物のないエチルアルコール、つまり、酒を酒たらしめる化学成分である「酒精」へと変換することに成功した。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材