これは果たして日本酒なのか!?
パリ産日本酒「AYAM」、ついに誕生!

WORLD TOPICS海外トピックス

これは果たして日本酒なのか!?
パリ産日本酒「AYAM」、ついに誕生!

15.02.2020 #World Topics France

2019年11月、パリ10区で醸された日本酒がリリースされた。その名は「AYAM」。手がけたのは「ディスティルリー・ド・パリ」でパリ初のクラフトジンを生み出したニコラ・ジュレス氏! というわけで、さっそくジュレス氏を直撃!

Keiko Sumino Leblanc(パリ在住)

「ディスティルリー・ド・パリ」のニコラ・ジュレス氏。

ロンドンの「Kanpai London Craft Sake」、NYの「Brooklyn Kura」……、海外で醸される日本酒ムーブメントが、ついにパリにも上陸した。

2019年11月、パリ10区の「ディスティルリー・ド・パリ(Distillerie de Paris)」から、パリで初となる日本酒「AYAM(アヤム)」が発売された。

仕掛け人は「ディスティルリー・ド・パリ」のニコラ・ジュレス(Nicolas Julhès)氏。

そう、香水のようなジンを作る男、史上初のパリ産ジンの生みの親だ。

「フランス人の自分にしか作れない日本酒を作りたい、と思いました」と、また一つ夢を実現し、喜びを隠さずに語るジュレス氏。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。