ティムットペッパーが香るクラフトジン
ベルギー発「The Drunken Horse GIN」!

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

ティムットペッパーが香るクラフトジン
ベルギー発「The Drunken Horse GIN」!

10.06.2022 #News!News!News!

提供:株式会社renue

ベルギー・アントワープの小さな蒸留所で製造されるクラフトジン「The Drunken Horse GIN」が、クラウドファンディングサービスMakuakeにて日本先行販売されています。

「おいおい、またジンかよ!」とお思いの皆さん、こちらのジンは正規ルートでは日本初上陸となるだけでなく、ヒマラヤで手摘みされたティムットペッパーという珍しいボタニカルを使用しているのが特長です。

フレイバーは3段階で変化。

1st waveではライムやグレープフルーツ、レモングラスのようなシトラス香が香り、2nd waveではカルダモンとコリアンダーの野趣あふれる香りが続き、最後の3rd waveでティムットペッパーのスパイシーかつフルーティな香りが現れます。

じゃあ、ティムットペッパーってなんなのかというと、標高2,000mのヒマラヤの山腹に自生する、近年世界中で注目されているスパイスなんだそうです。

山椒に似た舌にピリリとくる刺激・香りと、グレープフルーツやパッションフルーツのような柑橘系のフルーティな香りを併せ持っています。

このティムットペッパーを使用することで、「The Drunken Horse GIN」は他では味わえない独自の香りを生み出しているのです。

「The Drunken Horse GIN」、ちょっと試してみたいと思いませんか?

気になる方は、Makuakeのこちらのプロジェクトから応援購入してみてください!


<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ

SPECIAL FEATURE特別取材