コーヒーも樽熟の時代!?
「バレルエイジドコーヒー」新発売!

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

コーヒーも樽熟の時代!?
「バレルエイジドコーヒー」新発売!

21.01.2019 #News!News!News!

提供:株式会社コプラス

日本におけるコーヒーのクオリティが年々上がっていくなか、消費者のコーヒーに対する視線はますます厳しくなってきています。

コンビニでも100円で淹れたてのコーヒーが飲める時代ですもんね。

当然、バーで提供するコーヒーやコーヒーカクテルにも高いクオリティが求められる時代になりました。

クオリティのみならず、バーならではの個性も必要かもしれません。

そこでオススメしたいのが、コーヒーの生豆をウイスキー樽で熟成させた「バレルエイジドコーヒー」。

人工香料や甘味料を吹き付けたフレーバーコーヒーではなく、正真正銘の樽熟コーヒーです。

開発したのは、エンジニア出身のジェイソン・マラニョンとジョン・スペイツによるベンチャー「クーパース・カスク・コーヒー」。

シングルオリジン(単一産地)のコーヒー豆のみを使用し、サン・オブ・リバティ蒸溜所の樽などを再利用して、スモールバッチでバレルエイジドコーヒーを作り上げているのだそうです。

商品ラインナップは3種類。

★シングルモルトバレル
ウイスキー樽:シングルモルトウイスキー(サンズ・オブ・リバティ蒸溜所)
コーヒー豆:スマトラ・リントン
焙煎:ミディアム-ダーク
樽熟成期間:45日~60日

★バーボンバレル
ウイスキー樽:バーボンウイスキー
コーヒー豆:コロンビア産グレード1
焙煎:ミディアム-ダーク
樽熟成期間:45日~60日

★ウイスキー樽:ライウイスキー(サンズ・オブ・リバティ蒸溜所)
コーヒー豆:エチオピア
焙煎:ミディアム-ライト
樽熟成期間:45日~60日

2019年3月15日(金)まで、クラウドファンディングサイト Makuake にて、先行販売中です。

コーヒーカクテル元年ともいわれる2019年、コレは要チェックでしょ!

★お問い合わせ
株式会社コプラス
☎044-440-3204
contact@coplas.co.jp

<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ