ラテン魂が炸裂!
話題のユニット、JUASTって?
<前編>

PICK UPピックアップ

ラテン魂が炸裂!
話題のユニット、JUASTって?
<前編>

01.03.2015 #Pick up

目時裕美さん by「JUAST」

テキーラを通じて出会った仲間たちとともに昨秋、新団体「JUAST」を立ち上げた目時裕美さん。プロモーションユニットという新しいスタイルでスピリッツ業界を席巻する、目時さんとJUASTの挑戦に迫る!

文:Ryoko Kuraishi

昨年行われたJUASTのお披露目パーティにて。前列中央が目時さん。

一大イベントに成長した「TEQUILA FESTA」の運営から、アカデミックなセミナーやイベントの開催まで、日本テキーラ協会の広報担当として林生馬会長と二人三脚でテキーラのプロモーションを行ってきた目時裕美さん。
業界で話題となるイベントの仕掛人としてもお馴染みである。


その日本テキーラ協会からイベント・PR部門の独立が決まったことから、目時さんが発起人となり、さまざまなスピリッツの情報発信やイベントのプロモーション、新商品や新ブランドのプロデュースを行うユニット「JUAST(ジャスト)」が発足した。


「JUAST」は「JAPAN UNITED AMBASSADORS FOR SPIRITS AND TEQUILA」の略である。
テキーラを中心に、ジンやウォッカなどスピリッツ全般にまで目を向けて飲酒業界を盛り上げていくという。

今年1月に行われたJUASTプロデュースのイベント、「パトロン テキーラ ラウンジ」にて。JUASTの女性メンバーが集結!

現在、男女合わせて18名が名を連ねるJUAST。
バーオーナーにバーテンダー、海外在住コーディネーターなど、その顔ぶれはさまざまだ。


「テキーラのプロモーションを通じて、各ジャンルの個性的なスペシャリストたちと知り合うことができました。
イベント部門が独立することになり、『TEQUILA FESTA』の運営を別の団体主催で行うと考えた時、そうしたスペシャリストたちと関わっていくのがベストだな、と考えました。


それぞれが独自の個性や力を発揮しながら協力しあい、ひとつのミッションを遂行できるようなプロジェクトユニットなら、イベントの規模や内容に応じてメンバーが自由に活動できるんじゃないかと思ったんです。
プロフェッショナルたちのユニット......、イメージは映画『オーシャンズ11』です(笑)」


ユニットという活動スタイルに加えてJUASTがユニークな点は、女性の存在感がとりわけ大きいことだ。


目時さんを含む6名の女性メンバーは、それぞれ独自のネットワークと視点を武器にスピリッツにまつわるさまざまなプロモーションを行っている。
JUASTの発起パーティでもひときわ目を引いた、華やかに着飾った女性メンバーたち。
その活動が輝く理由とは?

2月22日に開催された「TEQUILA FESTA 2015 in HAKATA」は500名以上が集まり大盛況となったそう。「女性の参加者が多く、とても華やかなパーティになりました」。(Photo by Chieko Ishizawa)

「ファッションブランドとテキーラのコラボ・イベントとか、コスメとテキーラで『ビューティ』を意識したカクテルを考案したりだとか、確かにJUASTでは女性ならではのアイデアが生まれることが多いですね」と目時さん。


「そもそも、ラテンな女性とパーティって相性がいいんです。
おしゃれとお酒の好きな女性が集まって『ドレスアップして出かけよう!』となったら、自ずと場は盛り上がりますしイベントのイメージはアップ、参加者の皆さんにも喜ばれますよね。


それに女性同士でアイデアベースのプロジェクトの話をしていると、いつのまにか互いのネットワークを巻き込んで実現可能なレベルにまで話が広がっていることが多いんです(笑)。


他を巻き込んでいく発信力、勢いで突き進む直感力や行動力、華やかなものへの嗅覚。
個人的にも女性の発信力には注目していますし、JUASTは女性がいきいきと輝けるユニットだと思っています。
もちろん、男性メンバーたちのプロフェッショナリズムという屋台骨に支えられているからこそ、輝けるんですが」

100種以上のテキーラ&メスカルと、オリジナルカクテルが楽しめる「TEQUIKA LOUNGE」。スペシャルゲストにDJ HASEBEを迎え、音楽とテキーラのコラボレーションが楽しめる。4月11日、18:00〜22:00開催。詳細はこちらへ。http://www.tequilafesta.jp/tql/okinawa/

ラテン、カラフル、セクシー。
女性メンバーたちのイメージそのまま、JUASTが手がけるイベントもまた、華やかだ。
「今年から『TEQUILA FESTA』のスピンオフ・イベントとして、さまざまな企業や会場とコラボレーションしてつくり上げる、全く新しいコンセプトのイベント、『TEQUILA LOUNGE』がスタートします。



初開催となる今回は、レストランやウェディング事業を展開する株式会社HUGEとの共催。
4月11日に沖縄・瀬長島で開催するのですが、沖縄の風土を活かしながら海と空、テキーラ&メスカルと音楽のクロスオーバーをラウンジスタイルで楽しんでもらおう!というイベントです。
今後、関東・関西はもちろん、九州や東北エリア、そして海外での開催も企画中で、『TEQUILA FESTA』とはまた違った視点から、テキーラの楽しみを提案していく予定です」


日本テキーラ協会より、昨年の東京開催から正式に引き継いだ「TEQUILA FESTA」もさらにパワーアップする予定だ。


「2015年は、6月21日にビルボードライブ大阪での開催が決定した『大阪』と11月の『東京』で予定していますが、今年はそのツアースケジュールに『博多』が加わりました。
こちらは2月22日に開催したのですが、イベント当日は博多駅至近の、ラグジュアリーなムードが売りのホテル『ウィズ・ザ・スタイル』に、九州エリアを中心に総勢60余名のバーテンダーが集結してくれました。
実は博多ではいま、『博多ラテン化計画』が持ち上がっていて、私たちもテキーラやラテンスピリッツが盛りあがっていきそうなエリアとして注目しているんです」

昨年から力を入れている試飲会、「スピリッツ&リキュールフェスタ」は株式会社千雅との共催。こちらは札幌での一コマ。「土地柄によって好まれるスピリッツが異なるので、その土地の風土を探る意味でも興味深いイベントなんです」

そのほか、プロデュース業にも積極的に乗り出しており、3月24日にクエルボからお目見えするプレミアムテキーラ、「ホセ・クエルボ トラディショナル」のローンチイベントも、JUASTが運営を手がけるという。
クエルボ蒸留所から初めて造り手が来日するということで、業界からの注目を集めそうなこちらのイベント。
JUASTがいかなる演出を施すのか楽しみである。


一方、酒にまつわるカルチャーの裾野を広げるべく、さまざまな情報発信も行っている。


たとえば、全国を行脚する試飲会がある。
まだまだ認知度の低いスピリッツやリキュールの飲みかた、楽しみかたを知ってもらおうと、150種前後のボトルを携えて全国各地を巡り、地元の飲食関係者向けに試飲会を開催しているのだ。


興味を持ってもらうためには、まず飲んでもらうこと。
テキーラ・ムーブメントを目の当たりにした経験から、馴染みの薄いスピリッツやリキュールの知名度をあげるためにあえて地道な活動を行っている。


「そのエリアではどんな銘柄が流通しているのかを事前にリサーチして、みなさんが飲んだことのなさそうなものをセレクトして持っていきます。
いままでに札幌、沖縄、熊本、大阪、名古屋……、『呼ばれたらどこへでも出向く』という泥臭い戦法でやっています(笑)。
まずは知ってもらうこと、そして好きになってもらうことがいちばんのプロモーションですから」


後編では海外へ発信するJUASTの活動、そして目時さん個人の動きを追っていく。


後編に続く。

SHOP INFORMATION

JUAST
非公開
URL:http://www.juast.jp

SPECIAL FEATURE特別取材