バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

今月のバーテンダー

世界一のバーテンダーがいる
京都ならではの町家バーへ。
<前編>

坪倉健児さん/Bar Rocking chair

16.11.01

ショートドリンク(サワー)部門でのワンシーン。

2016年10月20日、東京・帝国ホテル。

世界63カ国から約100名のバーテンダーが集結した、国際バーテンダー協会(IBA)主催の世界大会「ワールド・カクテル・チャンピオンシップ(WCC)」において、総合優勝者の名前が高らかにアナウンスされた。

「ジャパーン! ケンジ・ツボクーラ!」

20年ぶりの東京開催となったWWCを制し、栄えある“ワールド・バーテンダー・オブ・ザ・イヤー”の称号を手にしたのは、地元・日本代表の坪倉健児さん(京都「バー・ロッキングチェア」)だった!

まるでドラマのような幕切れに、会場は割れんばかりの拍手と喝采に包まれた。


坪倉さんの応援団特製の京団扇。

昨年6月に「第42回全国バーテンダー技能競技大会」で総合優勝を果たした坪倉健児さんは、WCC 2016に日本代表として出場する権利を手にした。

奇しくも、WCC 2016は母国日本での開催。

コンペティション当日は、坪倉さんの名前が書かれた京団扇を持った応援団が、京都をはじめ全国各地から会場に詰めかけた。

坪倉さんは6つあるカテゴリーの中で、ショートドリンク(サワー)部門に出場。

ジンをベースに、柚子ピューレやミドリメロンリキュールで和のエッセンスを加えたオリジナルカクテル「THE BEST SCENE」をつくりあげ、見事部門優勝を果たした。

続いて、各カテゴリーの部門優勝者が一人ずつ試技を行うスーパーファイナルでも、他を寄せつけない美しいパフォーマンスと繊細なテクニック、お客様であるジャッジへの丁寧な対応により、母国開催のWWCで世界一(総合優勝)の座に輝いたのだ。

スーパーファイナルの試技が終了した時点で、会場内は「総合優勝はケンジ・ツボクラ」というムードに包まれた。

それは母国開催だから、という理由ではなく、坪倉さんのパフォーマンスがあまりにも圧倒的だったからだ。

さて、WCC 2016については、おそらく他のメディアでも多くの報道がなされることだろう。

というワケで、Drink Planetでは、坪倉さんがオーナーバーテンダーを務める京都の「バー・ロッキングチェア」を訪れ、坪倉さんにご自身のことや京都のバーシーンなどについて訊いてみた。

WCC 2016優勝カクテル「THE BEST SCENE」。

京都の繁華街である河原町四条から歩いて10~15分ほど。

四条通から御幸町通を南に下った周辺は、昔ながらの町家と低層階のビルが入り混じる“素顔の京都”を感じさせる落ち着いたエリアだ。

築100年以上の町家を改装した「バー・ロッキングチェア」は、思わず通り過ぎてしまいそうなほど、界隈の雰囲気によく馴染んでいる。

(昼間なら、確実に通り過ぎてしまったはず!)

木造の引き戸を開けると、打ち水された石畳が続き、もう一つの引き戸の先にバーが控えている。

左手には茶室を改装したという暖炉スペースがあり、右手にカウンター席、その奥に坪庭を望む一席が配される。

高い天井と木の温もりが心地いい、なんとも贅沢な空間だ。

「暖炉があるバーをやりたかったんです。ですから町家というのは偶然の巡り合わせです(笑)。でも結果として京都らしい雰囲気が加わり、京都のお客様にも、他所からいらっしゃるお客様にも、ゆっくりとお寛ぎいただける空間に仕上がりました」

そう坪倉さんは説明してくれた。

坪倉さんは京都生まれの京都育ち。

社会科の教師を目指し、北海道と東京にキャンパスがある大学への進学を機に、京都を離れた。

バーテンダーという仕事に出会ったのは、北海道にいた時のこと。

「深夜で時給がいい、という理由からバーでアルバイトをはじめました。バーといっても、アルバイトでもカクテルをつくらせてもらえるようなお店でした。ある時、先輩に某有名バーに連れて行っていただいたのですが、そこで衝撃を受けたんです。同じカクテルでも、自分がつくるカクテルとはぜんぜん味が違う。レシピは変わらないはずなのに、なんでこんなに味が違うんだ、と」

その後、何度かお店に足を運ぶうちに、マスターにかわいがってもらえるようになり、営業終わりで遊びに行かせてもらえるような関係になったという。

大学のキャンパスが東京に移ってからは、今はなき渋谷の名店「コレオス」に通うように。

ここでもマスターの大泉さんにかわいがってもらった。

「この頃にはバーテンダーになりたいという想いが強くなってきていました。ある時、いま考えると大変失礼な話なんですが、大泉さんに『バーテンダーをやっていてよかったですか?』という直球な質問をしたんです。すると、普段は『バーテンダーになんてなるもんじゃない』『ちゃんと就職しなさい』と言っていた大泉さんが『やっててよかったよ』とボソッと呟いたんです。この言葉を聞いて、自分の中でバーテンダーになる決心がつきました」

かつては茶室だったという暖炉スペース。店名にもなっているロッキングチェアが配される。

大学を卒業すると、霞が関「ガスライト」で6年、京都「K6」で4年、バーテンダーとしての修業を積んだ。

当時のガスライトは、20代の若さで「全国バーテンダー技能競技大会」を制した酒向明浩マスターのもと、多くの若手バーテンダーがコンペティションに出場し、全国レベルの優秀な成績を収めていた。

このガスライト時代に、坪倉さんもコンペティションに参加するようになる。

「最初は酒向さんに言われて深く考えずにエントリーしたのですが、『ガスライト』の看板を背負うことになるので、途中からは必死でした(笑)。ボトルを取る、キャップを開ける、といったところから徹底的に練習する中で、日々の仕事とコンペティションの練習がいい具合に積み重なり、バーテンダーとしての基礎が形づくられていったように思います」

「毎日の営業があって、そのうえでコンペティションの練習をするのは、時間的にも体力的にも相当ハードです。でも所作と基礎技術を身につけるためには、ある意味、絶好の機会とも言えます。ですから、特に若いバーテンダーの方にはどんどんチャレンジしてほしいですね」

世界総合優勝という輝かしい栄誉の陰には、やはり積み重ねてきた時間と努力があったのだ。

後編では、京都に自身のバーを開業した理由や京都のバーシーンについて話を伺っていこう。

後編へつづく。


Bar Information

Bar Rocking chair
600-8044 
京都府京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町434-2
TEL:075-496-8679
URL:http://bar-rockingchair.jp/

今月のピックアップ INDEXへ

バーテンダーのファッション

バーテンダーのファッション/東京カクテル7デイズ

17.06.01

番外編:東京カクテル7デイズで
バーテンダーのおしゃれ拝見!
<前編>

今月は趣向を変えて、バーテンダーたちのファッションにフィーチャー。いま流行っているもの、これから来そうなムーブメント、彼らのおしゃれ哲学について、東京カクテル7デイズにてバーテンダーたちを直撃!

スパイス×和食材

スパイス×和食材/三条スパイス研究所

17.05.01

雪国育ちのウコンがつなぐ、
和食材とスパイスのいい関係。
<前編>

新潟県三条市に昨春、オープンした「三条スパイス研究」。スパイス料理のシェフ、伊藤一城さんを所長に県内外のクリエイターたちが集う、食を中心とした取り組みをご紹介しよう。

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

植松 大記

JAMESON BARTENDERS’ BALL JAPAN / ペルノ・リカール・ジャパン 2017

吉原 泰俊

Chivas MIZUNARA Masters Cocktail Competition/ペルノ・リカール・ジャパン 2017

櫻井 将人

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン 2017

和田 健太郎

Bobby's Cocktail Competition 2017

特別レポート

「カクテルアワード2016」受賞の松下知寛さん
「カクテルセッション in NY」特別インタビュー!

「カクテルアワード2016」受賞の松下知寛さん
「カクテルセッション in NY」特別インタビュー!

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

ライチモヒート

カクテル人気ランキング1>位
ライチモヒート

マルガリータ・フラーゴラ

カクテル人気ランキング2>位
マルガリータ・フラーゴラ

マルガリータ・アル・パストール

カクテル人気ランキング3>位
マルガリータ・アル・パストール

World Topicsランキング TOP3

世界が認めるクオリティ、
ドイツ産ウイスキーが台頭!

World Topics人気ランキング1位
世界が認めるクオリティ、
ドイツ産ウイスキーが台頭!

後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

World Topics人気ランキング2位
後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

World Topics人気ランキング3位
カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール