バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

Cocktail 000

abc順

Bacardi Legacy Cocktail Competition / Bacardi

2008年よりスタートした「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」は、世界中のトップバーテンダーが集い、モヒートやダイキリなどに次ぐ、次世代の定番カクテルを見つけ出すことを目的とした世界で最も権威のある大会の1つです。

2017年 - Bacardi Legacy Cocktail Competition / Bacardi

Beam Suntory The Cocktail Award / Suntory

1994年に設置されて以来、長きに渡り、プロバーテンダー達の競演を見守ってきたコンペティションです。プロバーテンダーの感性が作り出す、繊細で芸術的なカクテルは、新たな可能性を望み続ける人々の情熱によって育まれてきた大切な文化です。この「カクテル」を貴重な洋酒文化としてとらえ、将来にわたって育むことを目的にこのコンペティションを開催します。カクテルの創作性と技術を競っていただき、その年の最高峰のカクテルとして『カクテルアワード』を決定します。

2016年 - Beam Suntory The Cocktail Award / Suntory

Beefeater Global Bartender Competition / Beefeater

ビーフィーター グローバル バーテンダー コンペティションは、ビーフィーターを使用して新しいカクテルを表現する国際的コンペティションです。各国の予選を勝ち抜いたバーテンダーたちは、カクテルのオリジナリティと技を競います。ファイナリスト8名の中から、一般消費者とジャーナリストの投票で優勝者が選出されます。

2016年 - Beefeater Global Bartender Competition / Beefeater

BELVEDERE The Spectre 007 Cocktail Competition / Belvedere

世界初のラグジュアリーウォッカであるベルヴェデールが、2015年、世界的にも有名な映画作品「007シリーズ」と グローバル・パートナーシップを結ぶことになり、このベルヴェデール史上最大のグローバル・パートナー シップを機に、グローバル カクテル チャレンジ を開催することとなりました。
ボンドのトレードマークともいえる“shaken, not stirred” されたマティーニを越える、次世代のレジェンダリー マティーニへのチャレンジがこのコンペティションです。

2015年 - BELVEDERE The Spectre 007 Cocktail Competition / Belvedere

Bobby's Cocktail Competition

オランダ・スキーダムのハーマンヤンセン蒸溜所でつくられるボビーズジンを使用し、アーティスティックにかつ普及性を考慮したシグネチャーカクテルを審査するコンペティション。
ボビーズジンの特徴は8種類のボタニカルをそれぞれ個別蒸留して作られていますが、そのどれか一種類以上のボタニカルを生かしたカクテルの創作を競います。
ネーミング、見栄え、普及性、独創性、ストーリー性、ファイナルはそれに味わいとテクニカル、プレゼンテーション力が審査されます。
2017年がアジア初開催のコンペティション。

2017年 - Bobby's Cocktail Competition

Bols Around The World/BOLS

~トレンドは自分で生み出す~

今大会のテーマは、次なるトレンドとなる可能性を秘めたドリンクコンセプトを生み出すこと。他のバーテンダーたちのインスピレーションの源になり、画期的ながらも再現しやすく、飲む人を魅了するコンセプトを考えます。

2015年 - Bols Around The World/BOLS

Chivas Masters Cocktail Competition 世界大会/ Chivas Regal

次世代のクラシックカクテルの探求、「Timeless Luxury」をテーマに開催されるコンペティションです。世界13の国と地域でローカル大会を実施後、グローバル・ファイナルが行われます。カクテルの新たな可能性を広げる様々なチャレンジが行われます。

2014年 - Chivas Masters Cocktail Competition 世界大会/ Chivas Regal

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン

『シーバスリーガル』主催のグローバルカクテルコンペティション「The Chivas Masters」の日本予選。カクテルのテーマは 「シーバスを様々なカクテルで楽しもう」。
「シーバスリーガル12年」を使用し、課題3都市のイメージを彷彿とさせるカクテルを考案し、カクテルで巡る旅を再現。
1 The Classic Way 〈クラシックスタイル〉
2 The Local Way 〈ローカルスタイル〉
3 The Japanese Way 〈日本スタイル〉

2017年 - Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン

Chivas MIZUNARA Masters Cocktail Competition/ペルノ・リカール・ジャパン

マスターブレンダーのコリン・スコットが日本にインスパイアされ、日本人の繊細な味覚に捧げるべく創り上げた「シーバスリーガル ミズナラ スペシャル・エディション」の発売を記念し、日本ならではのカクテルを競う国内コンペティションです。

2017年 - Chivas MIZUNARA Masters Cocktail Competition/ペルノ・リカール・ジャパン

Diageo World Class Japan Final/キリン・ディアジオ株式会社

2009年にスタートした「ディアジオ ワールドクラス」は、
“Raising the Bar”(=世界中のバー文化と価値を高める、お酒の素晴らしさをお客様に伝えていく)をコンセプトにした世界最大級のバーテンダーコンペティションです。
2011年のインド・ニューデリー世界大会では日本代表の大竹学氏、また2015年の南アフリカ・ケープタウン世界大会は同じく日本代表の金子道人氏が見事ベストバーテンダー・オブ・ザ・イヤーに輝き、日本のバーテンディングスキルの高さを世界に証明しています。
2016年は9月末に初の北米開催であるアメリカ・フロリダ州マイアミにおいて60以上の国と地域の約20,000名のバーテンダーから選ばれた代表選手が凌ぎをけずる世界大会が開催されます。

2015年 - Diageo World Class Japan Final/キリン・ディアジオ株式会社

Dons of Tequila 日本大会 / アサヒビール

ホセ・クエルボ社が主催する世界規模のコンペティションが『ホセ・クエルボ ドンズ・オブ・テキーラ』。2015年が初開催となり『クエルボ』が販売されている主要17カ国が参加しています。世界大会では、各国の代表者の中からホセ・クエルボ社の伝統と情熱を伝える事のできる“テキーラ・チャンピオン”「ドン」が1名選出され、名誉ある「ドンズ・オブ・テキーラ」の称号と共に、「自らブレンドし、自らの名を冠した500Lのクエルボ・テキーラ」「メキシコでのテキーラ研修旅行」が贈られます。

2015年 - Dons of Tequila 日本大会 / アサヒビール

Havana Club Cocktail Contest 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン

2年に1度、キューバで開催される「ハバナクラブ カクテルグランプリ 世界大会」の日本予選として実施されるカクテルコンテストです。最優秀賞受賞者は、日本代表として、また、優秀賞受賞者(1名)も、キューバ研修旅行へ招致します。

2014年 - Havana Club Cocktail Contest 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン

Havana Club Cocktail Grand Prix 世界大会/ Havana Club

キューバで開催される「ハバナクラブ カクテルグランプリ 世界大会」は、世界中から集まったトップバーテンダーが、”ニュー クラシック”と呼ぶに相応しい、新しいキューバンカクテルの創作を競います。

2014年 - Havana Club Cocktail Grand Prix 世界大会/ Havana Club

HBA / KOKUBU Cocktail Competition / HBA

国分グループ本社株式会社(旧国分株式会社)主催にて第10回大会まで開催していたものを、H.B.A.との共催カクテルコンペティションとし、2015年を第3回大会として新たにスタートさせたコンペティション。アリーゼ部門(ショートカクテル部門)、ジャカール、ローズマウント部門(ロングカクテル部門)、スピリッツ、ウイスキー部門(ショートカクテルorロングカクテル部門)の3つの部門で競う大会。

2016年 - HBA / KOKUBU Cocktail Competition / HBA

HBA Original Cocktail Competition / HBA

1972年創設の歴史ある大会。1988年より隔年開催となり、HBA バーテンダーにとって最高のヒノキ舞台であるとともに「伝統・格式のある」コンペティションとして『CLASSIC』 を冠して第26回大会より、HBA Classic創作カクテルコンペティション・チャンピオンシップとして開催しています。筆記審査、ブラインド味覚審査、接遇審査の後、創作カクテルとの合計ポイントにて審査。バーテンダーとしての総合力を競う大会です。

2016年 - HBA Original Cocktail Competition / HBA

Hennessy X.O. Cocktail Competition / MHD

世界初 ヘネシー X.Oのカクテルコンペティション。ヘネシー X.Oの魅力を紐解く。

2016年 - Hennessy X.O. Cocktail Competition / MHD

JAMESON BARTENDERS’ BALL Global / Pernod Ricard

テーマは、Jameson with a local twist
「JAMESON」ウイスキーをベースに、自国の地元らしさでひねりを効かせたオリジナルカクテルを競う大会。カクテルのストーリー、テイスト、見た目、フレーバー、スタイル、パフォーマンス、そしてバーテンダーとしての情熱や個性が総合的に審査されます。

2016年 - JAMESON BARTENDERS’ BALL Global / Pernod Ricard

JAMESON BARTENDERS’ BALL JAPAN / ペルノ・リカール・ジャパン

カクテル・テーマは、“Jameson with a local twist ”。「JAMESON」ウイスキーをベースに、日本らしさや地元らしさなど、ひねりを効かせた個性的なカクテルを募集。
審査は、ドリンクのテイスト、見た目、フレーバー、スタイル、パフォーマンス、そしてバーテンダーとしての情熱や個性を総合的に判断し、優勝および準優勝各1名を決定。優勝者は、日本代表としてアイルランドで行われる世界大会へ出場。

2016年 - JAMESON BARTENDERS’ BALL JAPAN / ペルノ・リカール・ジャパン

MONIN COFFEE CREATIVITY CUP / 日仏貿易

本大会は、 カフェ、レストラン、ホテル、バー等に勤務するバリスタ、またはそれに準じるコーヒー業界従事者や、専門学校の飲料サービス部門関連学科に在籍し、コーヒーの抽出技術を学ばれていている方を対象に、モナン社製品を使用したオリジナル性、商品価値の高いエスプレッソベースのオリジナルドリンクを製作していただくことを目的としています。2015年創設。

2015年 - MONIN COFFEE CREATIVITY CUP / 日仏貿易

Monin Cup Japan / Monin Cocktail Competition/日仏貿易株式会社

2年に1度開催される大会で、2012年より「MONIN ASIA CUP」への予選となる「ジュニア・アルコール部門」が設定されています。
モナンシロップならではの未成年者を含む学生を対象とした「チャレンジ部門」、世界大会への準々決勝の場となる「ジュニア・アルコール部門」、28歳以上の方を対象とした「シニア部門」があります。

2014年 - Monin Cup Japan / Monin Cocktail Competition/日仏貿易株式会社

PBO 全国バーテンダーズ・コンペティション

PBOメンバーでP.B.O.プロフェッショナルバーテンダー認定試験に合格した年齢25歳以上の現役プロフェッショナルバーテンダーによる、バーテンダーとしての総合能力を競うP.B.O.最高栄誉のコンペティションです。筆記試験部門、創作カクテル部門の競技を経てファイナル審査へと進み、最高点を獲得した選手がM.V.B.(モスト・ヴァリアヴル・バーテンダー)として表彰されます。
2015年から 全国バーテンダーズ・コンペティションとしてMVBカップ(全国カクテルコンペティションを継承し名称変更)とクリエイションカップ(カクテルフェスティバルを継承し名称変更)の2つのコンペティションが同時開催されます。

2015年 - PBO 全国バーテンダーズ・コンペティション

The Botanist Foraged Cocktail Competition / レミー・コアントロー・ジャパン

「植物学者」と名付けられた”ザ・ボタニスト“は、アイラ島初にして唯一のプレミアム・ジンで、この”ザ・ボタニスト“を使ったオリジナルカクテルレシピを考案し、作品の創作行程(フォーリッジの場面・レシピ紹介・メイキング)をビデオ録画してインターネット上より応募するコンペティションです。
Creativity(創造性)をカクテルの創作テーマにし、日本国内で自生および栽培されているボタニカル(植物の芽・実・皮・茎・根等)を自らの手で採取し、それを最低1種類使用することを条件としています。
クリエイティビティ(製品特徴・コンセプトを引き立てているか)、プレゼンテーション(製品の魅力を伝えられているかとカクテルの見た目)、味と香り(製品の香り、味わいを引き立てるカクテルであるか)が審査されます。

2016年 - The Botanist Foraged Cocktail Competition / レミー・コアントロー・ジャパン

World’s Most Imaginative Bartender /Bombay Sapphire

全世界のバーから最も創造力にあふれた才能を選出するもの。カクテル創作の刺激になるよう、ボタニカル原産地での体験ツアーを実施するなど、バーテンダーのより創造的な活動を支援することを目的としています。

2015年 - World’s Most Imaginative Bartender /Bombay Sapphire

Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部

日本における「バー発祥の地・横浜」から、世界へ、そして未来へと繋がるカクテルを生み出してゆくコンペティションです。
※ヨコハマカクテルコンペティションでは南相馬市に復興支援の支援協力をしております。

2016年 - Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部

TOKYO 2017 COCKTAIL 7 DAYS

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

吉原 泰俊

Chivas MIZUNARA Masters Cocktail Competition/ペルノ・リカール・ジャパン 2017

櫻井 将人

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン 2017

和田 健太郎

Bobby's Cocktail Competition 2017

佐藤 健太郎

Bacardi Legacy Cocktail Competition / Bacardi 2017

特別レポート

「カクテルアワード2016」受賞の松下知寛さん
「カクテルセッション in NY」特別インタビュー!

「カクテルアワード2016」受賞の松下知寛さん
「カクテルセッション in NY」特別インタビュー!

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

#410

カクテル人気ランキング1>位
#410

パーク・フラワー

カクテル人気ランキング2>位
パーク・フラワー

アイリッシュコーヒー

カクテル人気ランキング3>位
アイリッシュコーヒー

World Topicsランキング TOP3

パリ発、100%ヘルシーカクテル!
とある健康食品が隠し味に!?

World Topics人気ランキング1位
パリ発、100%ヘルシーカクテル!
とある健康食品が隠し味に!?

オーストラリアではド定番。
「プリミックスドリンク」で乾杯!

World Topics人気ランキング2位
オーストラリアではド定番。
「プリミックスドリンク」で乾杯!

後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

World Topics人気ランキング3位
後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール