バーテンダーのクリエーションに貢献!
バスク地方のトウガラシがリキュールに。

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

バーテンダーのクリエーションに貢献!
バスク地方のトウガラシがリキュールに。

21.09.2021 #News!News!News!

提供:株式会社コートーコーポレーション

バーテンダーのためのリキュール」

世界85か国のバーで取り扱われ、「バーテンダーのためのリキュール」をモットーにするジファール社から、トウガラシのリキュールが登場。

「ピリッと辛い上質なリキュールが欲しい」という各国のバーテンダーたちからのリクエストに応えて生まれたのが、「ジファール ピモン・デスプレット」。
トウガラシの香りや旨味をすべて抽出した奥深い味が特徴です。

スパイシーなカクテルがトレンド?!

近年、ロンドンやニューヨークなどのバーシーンではスパイシーなカクテルがトレンドとして盛り上がりを見せています。

しかし、スパイシーさを加えるために用いられる粉末のトウガラシや辛味調味料には、計量が安定しないことや、トウガラシ本来の深い味わいが乏しいといった難点がありました。

これらの課題をクリアして、トウガラシの味が存分に味わえるリキュールを作りだすために、ジファールがその素材として選んだのが、バスク地方でしか採れないエスプレット唐辛子。

中でも著名な生産者、ヴァンサン・ダリッション氏の畑で採れるトウガラシに白羽の矢がたったのです。
ジファールが創業以来培ってきた浸漬技術によって、このトウガラシから旨味と辛味を抽出。
トウガラシ本来が持つ奥深い辛さと高い香りを持つ、スパイシーリキュールが誕生しました。

白壁に吊るされたトウガラシ。エスプレット村の通りの両側はこんな風景が続きます。

白壁に吊るされたトウガラシ。エスプレット村の通りの両側はこんな風景が続きます。

ちょっと余談 ~ バスク・エスプレット村のこと

----------------------------------
バスクと言えばスペイン側の知名度が高いのですが、実はフランス側のバスクにも魅力がいっぱいです。
海沿いの町はリゾート地として人気が高く、バカンスには最適。
山の方はバスクの美食が堪能できる村が点在。豊かな自然と食への注目度がとても高いエリアなのです。

フレンチバスクの中でもエスプレットという小さな村がトウガラシで有名!
白壁に吊るされた真っ赤なトウガラシは、ここでは当たり前の風景。
夏に収穫したトウガラシを外でそのまま乾燥させて、料理や飲み物などに使います。
ちょっとメルヘンチックでのどかなエスプレットは、一度は訪れたい村の1つです!
----------------------------------

ピモン・デスプレットの飲用シーン

「ピモン・デスプレット」は、ミクソロジーの幅をぐっと広げてくれる一本。
マティーニなどのクラシックな定番カクテルに使えば、繊細で奥深いアロマとともに辛みのツイストが効いた新しい味わいに。スパイシーマルガリータやブラディマリーでは、安定した辛味の表現を可能にしてくれます。

このリキュールが新たな創作のインスピレーションとなって、多くの新しいカクテルを生み出していくことでしょう。

★ジファール ピモン・デスプレット:
・アルコール度数:40%
・容量:700ml
・原産国:フランス

★問い合わせ先:
輸入販売代理店:株式会社コートーコーポレーション/
TEL:0798-71-0030  FAX:0798-71-0033
email :wine@kotobiz.com

<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ

SPECIAL FEATURE特別取材