日本初! 日本茶の生葉を使ったジン
「First Essence Tea Leaf Gin」登場

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

日本初! 日本茶の生葉を使ったジン
「First Essence Tea Leaf Gin」登場

18.08.2020 #News!News!News!

提供:株式会社TeaRoom

日本茶の生産や販売、事業プロデュースなどを手がける株式会社TeaRoomより、日本茶の生葉を使った日本初(※)のクラフトジン「First Essence Tea Leaf Gin」がリリースされました。

(※株式会社TeaRoom調べ)

ジュニパーベリー以外のボタニカルは、茶葉のみという潔さ。

静岡県大河内地域の在来品種と同県葵区の香駿(その名の通り、香りの良さが際立つ品種)の生葉を使用し、まるで茶畑にいるようなお茶の香りに包まれるジンに仕上げられています。

共同開発と蒸溜を手がけたのは、岐阜県郡上八幡の辰巳蒸留所。

(Drink Planet読者の皆さんならご存じですよね)

というワケで、茶葉の香りがピークに達するところで蒸溜され、茶葉の旨味が最大限に引き出されています(白い花の余韻も印象的!)。

スモールバッチゆえに生産本数は312本。

日本茶の生葉を使ったジンの「ファースト エッセンス」をぜひチェックしてみてください!

★First Essence Tea Leaf Gin(ファースト エッセンス ティー リーフ ジン)
・蒸留器:カブト釜蒸留器
・ベーススピリッツ:吟香露、高田酒造の米焼酎、ちこり焼酎
・ボタニカル:ジュニパーベリー、茶葉(香駿、大河内在来種)
・生産本数:312本
・販売価格:4,600円(税込)

・購入方法:少数生産のため原則一般への販売はなし。
※ご試飲等をご希望の方は 右記へご連絡を。info@tearoom.co.jp

★株式会社TeaRoom
http://tearoom.co.jp

<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ