「The House of KI NO BI(季の美 House)」
京都市内にグランドオープン!

NEWS!NEWS!NEWS!ニュース

「The House of KI NO BI(季の美 House)」
京都市内にグランドオープン!

08.07.2020 #News!News!News!

提供:株式会社Number One Drinks

バースペースの「季の美の間」。

バースペースの「季の美の間」。

2020 年6 月 17 日(水)、京都蒸溜所のよる初のブランドハウス「The House of KI NO BI(季の美 House)」がグランドオープンしました。

コロナ禍によりなかなか京都には足を運びにくい状況ですが、Gin Fes TVのライヴ中継で「季の美 House」の中身をいち早くご覧になった方も多いかもしれません。

「季の美 House」は、その名の通り「季の美」とその世界観を体感できる施設です。

場所は、京都市内の中心地(京都市役所のすぐ近く!)。

築 100 年以上の町家を改装し、京都に工房を構える「森の工房 in wood」による欅の手作り家具や、西陣織で知られる「細尾」のテキスタイルを取り入れた他、壁紙には江戸時代から続く唐紙屋を継承する KIRAKARACHO(雲母唐長)の唐紙を用いるなど、「季の美」同様、地元京都の職人と積極的にコラボレーションしています。

ちなみに建築のトータルデザインを担当したのは、 UCL ロンドン大学バートレット校で建築を学んだダグラス・角田・クロールさん。

(実は、京都蒸溜所創業者のデービッド・クロールさんのご長男だそうです)

限定商品はこちらの「お店の間」で購入!

限定商品はこちらの「お店の間」で購入!

「季の美 House」内の各お部屋は以下の通り。

【1 階】
「お店の間」……店舗限定商品を販売するショップ
「季の美の間」……「季の美」をベースにしたカクテルや京都の地酒や地ビールの他、軽食を味わえるスペース。
「ジンパレス」……19世紀ヴィクトリア朝時代のバーからヒントを得た会員制バー。

【2 階】
「展示の間」……ジンの歴史や種類、製造工程を見学できるスペース
「混和の間」……「季の美」について学べるセミナールーム。2020年7月からスタート予定。

そうです。京都にまた、お酒にまつわる名所が完成したんです。

次回、京都に行く際は、ぜひチェックです!

「ジンパレス」はこんな感じ。

「ジンパレス」はこんな感じ。

★The House of KI NO BI (季の美 House)
〒604-0911 京都市中京区河原町通二条上る清水町 358
075-223-0457
営業時間:火〜日 12:00〜21:00(ラストオーダー 20:30 / 終日禁煙)
※新型コロナウイルス感染対策等で変更の可能性がございます。
The House of KI NO BIホームページ

<<前の記事へ | 次の記事へ>>

NEWS 一覧へ

SPECIAL FEATURE特別取材