未曽有のパンデミックを越えて
シカゴで花開く「Bar Kumiko」の美学。
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

未曽有のパンデミックを越えて

01.10.2020 #Interview <

Julia Momose/ジュリア百瀬 by「Bar Kumiko」

日本のテイストを織り込んだ独創的なカクテルメニューで、2008年末のオープン以来、瞬く間に評価を高めた「Bar Kumiko」のジュリア百瀬さん。コロナ禍に際し、彼女は圧倒的な行動力でシカゴのバーシーンを救った!!

文:Chiyo Yamauchi (NY在住)

ジュリア百瀬さんは「Bar Kumiko」の構想を練り始めた頃から、自身のルーツである日本のバー文化や食文化はもちろん、前編で述べたような日本の伝統工芸や芸術の魅力も感じてもらえる場所にしたい、と考えたいたという。

2018年末のオープン以来、「Bar Kumiko」はジュリアさんの日本のテイストを織り込んだ独創的なカクテルメニューとホスピタリティとで、次々とファンやリピーターを獲得。

と同時に、メディアからの注目も集めてきた。

しかし、この春以降の彼女はバーテンダーとして以外に、別の活動でも賞賛を浴びることとなった。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。