北九州から世界を見据える
シンガポール帰りのバーテンダー。
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

北九州から世界を見据える
シンガポール帰りのバーテンダー。
<後編>

01.08.2019 #Interview <

Nomura Shuhei/野村周平 by「The Certain Bar」

「The Certain Bar」のカクテルには、地元のフルーツやボタニカル、特産品がさりげなく使用されている。地方都市ならではの素材というアドヴァンテージを、どんな風にカクテルに昇華させているのか!?

文:Drink Planet編集部

野村さんによる自家製リカー類の数々。Photo:Asami Sakakura

北九州で、実験的かつコンセプチュアルな「The Certain Bar」のオーナーバーテンダーを務める野村周平さんは、北九州生まれの北九州育ち。

10代の頃に音楽好きが高じて、地元のクラブで働き始めると、そこではじめて飲料業界の一端に触れた。

その後、名古屋に出て一流ジャズクラブ「NAGOYA Blue Note」のバー部門でバーテンダーとして働くことに。

飲み慣れたゲストはもちろん、海外の有名アーティストに自ら作ったカクテルを提供することで、「バーテンダーという仕事を究めたい」「海外に出たい」という強い思いが芽生えたという。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材