カクテルシティNYで、
女性バーテンダーであること。
<前編>

INTERVIEWバーテンダーインタビュー

カクテルシティNYで、
女性バーテンダーであること。
<後編>

#Interview

Meaghan Dorman by「The Raines Law Room」

カクテルの祭典『Tales of the Cocktail』でプレゼンターを務めたり、女性バーテンダーのコミュニティを創設したりと、その活躍ぶりがメディアにも取り上げられるミーガンさんのバイオグラフィーをご紹介!

文:Yumi Komatsu(NY在住)

Photos by Shino Yanagawa

バーで働いていた母親の影響で、学生時代から自然とバーテンダーを目指すようになったミーガン。

「賃金が良いし、親から独立するには最適だったわ(笑)」と冗談めかすが、本当のところはカクテル作りのクリエイティブな面に魅了されたのが理由。

「液体で目に見えないものを表現することと、あらゆるタイプの人間をもてなすのがバーテンダーの仕事。自分の流儀を生かすことができるので、自分に合っていると思いました」

カレッジ卒業後、コネチカットからニューヨークに移り住み、数々の有名店に勤務。

現在までに3軒のバーのメニュー編纂に携わるほか、『Tales of the Cocktail』でプレゼンターも手がけるなど、その活躍はメディアでも度々取り上げられている。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材