バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

【独占インタビュー】
あのサヴォイホテルのエリック・ロリンツ氏、
自身のバーを9月にオープン!

【独占インタビュー】
あのサヴォイホテルのエリック・ロリンツ氏、
自身のバーを9月にオープン!
アメリカンバーを5月に去り、未来を語る

18.06.18

バー業界にいる人であれば、知らぬ人はいない伝説のバー、
ロンドン・サヴォイホテルの「アメリカンバー」。

今最も注目されているアワード、TheWorld’s 50 Best Bars 2017では見事に1位に輝いた。
そのヘッドバーテンダー、エリック・ロリンツ氏が来日。
ドリプラ編集部では、2011年に続き、単独インタビューを行った。

日本贔屓でもあり大の鮨好きというエリックさん。

「日本に来てからは、ランチもディナーも、バーの後も鮨を食べています。
仕事をしていない時の私はフィッシャーマンですからね。(笑)
バーテンダーはのめり込んで仕事をしがちなので、リラックスするために趣味は大事です」。

職人気質で、質を重んじる日本の物作りの姿勢が好きだと話すエリックさんは、ジャパンメイドのバーツールブランドBIRDY.と提携し、「BIRDY. by Erik Lorincz」を共同開発。

「初めて来日したときに日本のバーツールを見て感銘を受け、2回目は空っぽのスーツケースを持ってきて、バーツールをたくさん詰めて帰りました。
そして3回目は日本の方と一緒にバーツールを作りたいと思い、4回目の来日でBIRDY.と出会ったんです」。

エリック・ロリンツ氏とBIRDY.の製造元である横山興業株式会社の横山哲也さんが出会ったのは、2014年に遡る。



コラボした商品「BIRDY. by Erik Lorincz」

コラボした商品「BIRDY. by Erik Lorincz」

「バーで隣に座ったのが横山さんでした。『何をやっているの?』と聞いたら、バーツールをプロデュースしていると。
え! 僕、バーツール作りたいんだよねと言って、そこからグーグルトランスレーターを駆使して(笑)話し始めたんです」。

コラボした商品は、シェーカーの特別版、バースプーン、ストレーナー、そして撥水コーティングを施したジガーなど。

「いずれも壊れにくく、機能が充実しているので、実用的なものが好きな人であれば、使い勝手が良いと思ってくれるはずです。
今、また新しい商品を作ろうとしていて、たぶん今年中には発表できると思いますよ」。
と嬉しいニュースも。

 2011年のドリプラのインタビューの最後に今後の目標を聞いたところ、エリックさんは「Erik-san’s Bar」と答えている。

(当時のインタビューはこちら!

あれから7年。

5月にサヴォイの「アメリカン・バー」を辞めたエリックさんは、いよいよ自分のバーをオープンする。

「場所はロンドンの中心地の地下で、時期は9月。内装は、クラシックでエレガントな雰囲気に、少しモダンなアプローチを加える予定です」。


一番大切なのは人間力

チームとなるスタッフはエリックさん自身が面接して選ぶ。
選ぶ基準や、バーテンダーに必要なホスピタリティとは何かを尋ねてみた。

「まずは人間性を見ます。カクテルはレシピがあればできますが、人間性は教えることができませんから。そしてホスピタリティがなかったら、バーテンダーになってはいけないと思います。
私はバーテンダーにとってドリンクを作る技術は20%くらいで、いちばん大切なのは、お客様が何を求めているか読み取る力だと思います。
マティーニを注文されたとしても、もしかしたらそのお客様は、他のバーで7杯召し上がっているかもしれない。
お客様が楽しく飲めるものを引き出すような話法を身につけ、お客様の状態に合わせたテーラーメイドのサービスをしています。
この後どこのレストランに行くのか耳に入れば、事前に連絡を入れて
『今、うちの店を出たよ』と伝えておく。
そうすればレストランの人もお客様を迎える準備ができます。
ホスピタリティとはそういうものだと思います」。

最後に、今回もまたエリックさんの今後の目標について尋ねてみた。

「新しい目標は、日本でバーを開くこと! たぶん今度は7年かからないと思いますよ」。

エリックさんのジャパニーズバーを待ち望みつつ、まずは、9月にロンドンでオープンする彼の新店に足を運びたい。

場所提供:Salt grill & tapas bar by Luke Mangan

【プロフィール】
Erik Lorincz(エリック・ロリンツ)
スロヴァキア出身。地元のバーからプラハのバーテンダースクールへ。
その後イギリスへ渡り、ロンドンのトップバーの一つ、コンノートホテル内コンノートバーから世界各地のカクテルコンペで入賞。

2010年ディアジオ・ワールドクラスで世界チャンピオンに。同年、サヴォイホテル「アメリカン・バー」のヘッドバーテンダーになると、Tales of the Cocktail 2011の世界のベストバーに選ばれ、International Bartender of the Yearにも選ばれる。
2017年 「TheWorld’s 50 Best Bars」 で見事に1位を獲得。

今年5月にサヴォイホテルを退社し、9月にロンドンに自身のバーをオープン予定。Facebookとinstagramのフォロワー数はそれぞれ1万人を超えるインフルエンサー。
日本好きで、若い時は銀座のバーに2ヵ月勤めていたことも。
2014年には横山興業とバーツール「BIRDY. by Erik Lorincz」を共同開発。

「【独占インタビュー】 あのサヴォイホテルのエリック・ロリンツ氏、 自身のバーを9月にオープン!」を読む

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

吉本彩乃

Monin Cup Japan / Monin Cocktail Competition/日仏貿易株式会社 2018

金谷麻由

Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部 2018

岡山 寛

Hennessy X.O. Cocktail Competition / MHD 2018

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン 2018

特別レポート

ヘンドリックスジン グローバルアンバサダー
アリー・マーティンさん独占インタビュー!

ヘンドリックスジン グローバルアンバサダー
アリー・マーティンさん独占インタビュー!

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

モヒート・ネスプレッソ

カクテル人気ランキング1>位
モヒート・ネスプレッソ

アグア・ベンタ

カクテル人気ランキング2>位
アグア・ベンタ

ブラッディ・メアリー

カクテル人気ランキング3>位
ブラッディ・メアリー

World Topicsランキング TOP3

美人すぎるバーテンダー!
業界で噂の「Shoko」を直撃!

World Topics人気ランキング1位
美人すぎるバーテンダー!
業界で噂の「Shoko」を直撃!

禁酒法時代のカクテル再現!?
LA発1920年代スタイルのバーへ。

World Topics人気ランキング2位
禁酒法時代のカクテル再現!?
LA発1920年代スタイルのバーへ。

大阪の新店「Bible Club」
そのポートランド本店に潜入!

World Topics人気ランキング3位
大阪の新店「Bible Club」
そのポートランド本店に潜入!

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール