カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

WORLD TOPICS海外トピックス

カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

01.10.2010 #World Topics America

1930~60年代にかけ、全米に一大ブームを巻き起こしたポリネシアンスタイルのティキ・カルチャー。今、新たにブームが再燃、新時代のティキ・バーが次々とオープンしている! ところでティキってなに?

Stephen Knight

1950~60年代、あちこちにお目見えしたティキ・バー。

炎が揺らめく、エントランスのトーチ。
竹とヤシの葉がふんだんにあしらわれたインテリア。
南国の花の香りに、気だるいスチールギターの響き。

……こんな「ティキ・バー」をあちこちに登場させたティキ・ブーム。

1930~60年代にかけて、全米はティキ・カルチャー、つまりポリネシアンスタイルのレストランやバー一色になった。

それから半世紀。

クラシックカクテルの人気とともに、アメリカ西海岸からブームが再燃、今、全米各地で新たに「ネオ・ティキ」なるバーが登場している。


えっ、でも、そもそもティキ・ブームってなに? なんでまたブームがきちゃったわけ? ネオ・ティキってなんなの!?

はい、ではお答えしましょ~う。Welcome to 「ティキ・カルチャー」!!

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特集