なぜいま「角打ち」?
ウィズコロナ時代の「角打ち」を考えた。

WORLD TOPICS海外トピックス

なぜいま「角打ち」?
ウィズコロナ時代の「角打ち」を考えた。

01.11.2021 #World Topics

最近、なんだか目につく角打ち。もしゃプチブーム到来!?なぜいま、角打ちなのか、ウィズコロナの時代の角打ちとは。渋谷にオープンしたばかりの「カクウチベース POP UP」とこれからの時代の飲食業の業態を考えた。

「触れるバックバー」がテーマだという設えとラインナップ。

ヴァンナチュールにスピリッツに日本酒に……、「ネオ角打ち」「モダン角打ち」ともいわれる近年の角打ちの共通項は、規模や知名度に関わらずこだわりの造り手の銘酒を揃えていること。

これまで出回っていなかった酒のショウケース的スペースともいえるだろう。

8月に渋谷ストリームの1階にオープンした「カクウチベース POP UP」は、「触れるバックバー」を品揃えのコンセプトに掲げる角打ちである。

店内に並ぶのは100種を超えるスピリッツやリキュール。

スコッチ、バーボン、クラフトジン、メスカルにラムと、まさしくバックバーを思わせるラインナップだ。

「コロナ禍のあおりをうけてバーショーや試飲会、メーカー主催のイベントが軒並み開催されなくなり、オントレードの商品が人の目に触れる機会がほぼ、なくなってしまいました。
そうしたことから、さまざまなお酒を広く紹介する場所を設けたいと思い、このスペースを作ったんです」


「カクウチベース POP UP」の特徴を話してくれたのは、ここを運営するノイ・エンタープライズの三木正人さんと、立ち上げ段階から企画に携わる武蔵屋の小林卓也さん。

ノイ・エンタープライズは西麻布や沖縄でシガーバーを展開している。

メンバーになって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材