ロンドンのバーシーンに続々登場。
今やミキサーもこだわる時代に!

WORLD TOPICS海外トピックス

ロンドンのバーシーンに続々登場。
今やミキサーもこだわる時代に!

15.03.2020 #World Topics England

例えばジントニックのベースとなるジンの銘柄を指定するように、トニックウォーターも銘柄を指定するのが当たり前の時代に!? ロンドンのバーシーンに登場した2つの新進ミキサーブランドをチェック!

Miyuki Sakamoto(ロンドン在住)

クラフトジンを筆頭に、新たなスピリッツのブームが沸き起こって久しいイギリス。

個性あふれるお酒の相棒としてトニックウォーターなどのミキサー(割り材)のカテゴリーにも新たなムーヴメントが生まれている。

例えばそのひとつが、2018年に創業した「アーティサン・ドリンクス・カンパニー(The Artisan Drinks Co.)」。

こちらは、飲料業界出身のスティーブ・クーパー(Steve Cooper)が、バーオーナーのミッキー・エンライト(Mikey Enright)とアーティストのアラン・ウォルシュ(Alan Walsh)とともに新時代のミキサーを求めてスタートした。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特別取材