焼酎造りが磨きあげた、鹿児島発、嘉之助蒸溜所の“メロー”なウイスキー。

WORLD TOPICS海外トピックス

焼酎造りが磨きあげた、鹿児島発、嘉之助蒸溜所の“メロー”なウイスキー。

01.12.2018 #World Topics

鹿児島県日置市に、昨年秋、ウイスキーのクラフト・ディスティラリー、嘉之助蒸溜所が誕生した。鹿児島でウイスキー?果たしてどんなウイスキーを目指しているのか、早速レポート!

SOTONOMO

小正醸造2代目の小正嘉之助さん。

鹿児島に誕生した嘉之助蒸溜所の母体は、1883年に創業した小正醸造。

日本初の樽貯蔵米焼酎「メローコヅル」ほか、コヅルシリーズの焼酎で知られる造り手だ。

小正醸造2代目の小正嘉之助さんは進取の気性に富んだ造り手だったようで、よりまろやかな味わいを実現すべく、焼酎の長期貯蔵を思い立つ。

そうして完成したのが、オーク樽で寝かせた長期貯蔵米焼酎「メローコヅル」。

1957年の発売から60年経った現在も、「メローコヅル」は小正醸造を象徴するブランドなんだとか。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。