なぜ今“カヴァ”なのか!?
バーにカヴァを置く3つの理由。

WORLD TOPICS海外トピックス

なぜ今“カヴァ”なのか!?
バーにカヴァを置く3つの理由。

01.10.2011 #World Topics Japan

カヴァの2010年度の総生産量は約2億5000万本と、1位のシャンパーニュに迫る勢いで、生産量を伸ばし続けている。日本でも対前年比150%というカヴァの人気の理由を、ちょっとお勉強的にレポート!

Drink Planet編集部

主婦と生活社刊「カバの本」。1,575円。日本で買えるカヴァ217本を掲載している。

泡もの大好きの日本人。長らく日本市場では「泡もの=シャンパーニュ」一辺倒だった。

しかし最近はなにやら動きがあるらしい。

そう、スペインのスパークリングワイン、カヴァが人気なのだ。

日本への輸入量はここ数年、対前年比150%で推移し、年間600万本を超えた。

レストランに限らず、カフェやバル、居酒屋、あるいは和食店でもカヴァを見かけるようになった。

スーパーや酒販店における売り場スペースも、ぐっと広くなったように見受けられる。

世界的に見ても、総生産量はイタリアのスプマンテを抜いて、世界第2位に躍進!
(1位のシャンパーニュに迫る勢い!)

それにしても、なぜ今“カヴァ”なのだろうか?

その理由を探っていくと、カヴァはバーで取り扱うスパークリングワインとしても最適なことがわかってきた……。

どりぷらメンバー(月額1,000円)になって、この記事の続きを見る

新規メンバー登録(有料)

  • メールアドレスで登録

    メールアドレスでの登録ができます。
    ※仮登録後に決済を完了しないと登録は完了しません。
    ※メールアドレスで登録した後からでもFacebook連携は可能です。

  • OR
  • Facebook連携して登録

    Facebook連携で簡単登録が可能です。
    ※登録することで、個人情報保護方針および会員規約に同意したものとみなされます。
    ※連携後に決済を完了しないと登録は完了しません。

すでにメールアドレスで会員登録をされている方もFacebookログインをご利用できます。
Facebookアカウントと紐付けるには、一度メールアドレスでログイン後、マイページより「Facebookアカウント連携」をしていただくことで、次回よりFacebookログインが可能になります。

SPECIAL FEATURE特集