いまだからこそ「世界で通用するキャリア」を!

SPECIAL FEATURE特別取材

いまだからこそ「世界で通用するキャリア」を!

15.07.2022 #Special Feature

海外も視野に入れながらバーテンディングの技術を磨き、独立・開業を目指したいと思っているあなた。
そんなあなたに朗報です!
あのサントリーグルメ開発部が「ドリンクスーパーバイザー」を募集しているんです!

必要なのはバーテンダーとしての経験だけ!
じゃあ、いったいドリンクスーパーバイザーって、そこでどんなお仕事をするの???
そこで、実際にバーテンダーからドリンクスーパーバイザーに転身し、将来的には独立・開業を目指しているお2人に話を聞きました。

【ドリンクスーパーバイザーで体験できること】
1.店舗をイチから作ることができる
2.経営のノウハウを学べる
3.ドリンクの試作やレシピ開発ができる
4.海外の一流のバーテンダーとの交流&最先端事情を得られる
5.実はお金も貯められる。社会保険や有給休暇が充実!


ドリンクスーパーバイザーとして活躍中の竹村英晃さんと太田友子さん

ドリンクスーパーバイザーとして活躍中の竹村英晃さんと太田友子さん

1.店舗をイチから作ることができる

グルメ開発部とは、簡単にいえば、飲食店の業態開発やドリンク提案を通じて、お酒、特に洋酒の魅力を伝える部署で、30年以上の歴史があります。

そのグルメ開発部のドリンクスーパーバイザーの仕事の一つが、飲食店の開発と立ち上げ。つまり、独立して自分で開業する前に“開業経験者”になれるのです。それも、何度も。

2020年に入社した竹村英晃さんは、六本木のシガーバーからバーテンダーとしてのキャリアをスタート。その後、恵比寿でのバーマネージャーや渋谷のレストランバーの新規立ち上げなど、約8年にわたってバーの第一線の現場で活躍してきました。

2019年に移住するつもりでパリへ行ったものの、間もなくコロナ禍でロックダウン。やむなく帰国して仕事を探している時に友人から「こんな仕事があるよ」と教えられたのが、グルメ開発部のドリンクスーパーバイザーでした。

そんな竹村さんが、入社後に最初に手掛けたのが、大きな居酒屋のリニューアル。

「宴会需要の店から、普段使い出来る店へとガラッと変えたため、ドリンク開発を始め、イチから店の業態を考えなくてはなりませんでした。

そういう時、ここにはトレンド調査や競合店調査のための店舗をリサーチする制度があるんです。だいたい月に15店舗から20店舗くらいは調査のために足を運んでいます」

もう一人のドリンクスーパーバイザーは、2019年に入社した太田友子さん。

大学在学中にバーのアルバイトを通じて「お酒っておもしろい!」と思うようになり、新卒でバーテンダーの世界へ。六本木や西麻布のバーで8年間経験を積んでドリンクスーパーバイザーになりました。

「初めてフルで飲食店を立ち上げたお店は、飲食店を運営したことがないクライアントさん。

収支計画やドリンクパントリーの図面も私自身がひくところから始めました」

2.経営のノウハウを学べる

実は、太田さんはいったんバーカウンターを離れて、税理士事務所に入所したことがあります。

「数字や経営を勉強したくて税理士事務所に入ったわけですが、グルメ開発部に入ればよりお酒の世界に近い形で数字のことも教えてもらえるし、お店一軒を立ち上げるのに必要な情報が、一から十までわかる仕事だと書いてあったので、これはいいぞ、と」。

実際に入社してみて、どうでしたか?

「上司がP/Lの読み方や、図面のひきかたなどについて個別セミナーをしてくれます。飲食店に特化した数字をレクチャーしてくれるので、とても勉強になりますね。

あとは、グルメ部には過去の知見や資料が膨大にあって、いつでも閲覧できるので、そのデータベースはとても役に立ちました。ヤル気を出して能動的になればなるほど知識や経験が得られるんです」

(上)ウイスキー「季」の海外向け飲み方開発 社内プレゼン(オンラインで欧米とも中継)(下)アメリカのコンサルタントとの抹茶を活用したドリンクワークショップ

(上)ウイスキー「季」の海外向け飲み方開発 社内プレゼン(オンラインで欧米とも中継)(下)アメリカのコンサルタントとの抹茶を活用したドリンクワークショップ

3.ドリンクの試作やレシピ開発ができる

四谷にあるテストキッチンを自由に使うことができるのも、ドリンクスーパーバイザーの大きな特権。
バー向けの本格的なカクテルレシピをはじめ、さまざまなブランドのレシピも、ここから生まれました。

竹村さんにレシピ開発までの過程を伺うと、ランチ、あるいは夕方から夜にかけて、クライアントから依頼を受けた案件に関するトレンド調査や競合店調査のための店舗をリサーチ。

そこでインプットした内容を持ち寄り、議論やワークショップをしながら提案内容に盛り込みます。

そしてプレゼン当日は、テストキッチンにクライアントを迎え、実技や試飲をしながら提案するのだとか。

「もちろん、一企業なので、レシピを提供するにしても、使えるお酒の種類やアルバイトさんが作れるものといった制約はありますが、今までやってきたことと真逆のことをやるのが楽しいですね。

サントリーブランドチームから依頼されたボトルウイスキーのキャンペーンや、レシピ開発なんかもあって、それが実際に形になってスーパーに並んだりすると、達成感があります」。

グローバルな飲み方開発 - ロンドンでのジャパニーズクラフトジン「ROKU」のローンチイベント

グローバルな飲み方開発 - ロンドンでのジャパニーズクラフトジン「ROKU」のローンチイベント

4.海外の一流のバーテンダーとの交流&最先端事情を得られる

ドリンクスーパーバイザーの大きな魅力が、時にはアンバサダーチームのひとりとして、海外でセミナーやプレゼンを行えること。

コロナ禍の前に、ロンドンとパリで「ROKU」のセミナーを開いたあるドリンクスーパーバイザーは、こうコメントしています

「100名近いトップバーテンダーを前に、バーテンダー目線から見た『ROKU』の魅力やその使い方を紹介させていただきました。これは普通にバーテンダーをしているだけではなかなか経験できないことですよね。仕事とはいえ、バーテンダーとしての自信にも繋がる貴重な経験でした」。

また、コロナの状況が落ち着けば、海外で流行りの飲食店を巡り、トレンドをリサーチする海外研修制度も用意されています。

過去にニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランドの飲食店を巡ってリサーチしたドリンクスーパーバイザーに、その経験を聞いてみると……。

「1日10軒×10日間! 胃腸は苦しいですが(笑)、同じ部署のフードスーパーバイザーも一緒に行くので、料理の視点も含めて非常に勉強になりました。
個人旅行ではこれだけ多くの店を回り、ここまでのメニューを食べ比べ・飲み比べするのは不可能だと思います」

海外研修制度も用意されているのがドリンクスーパーバイザーの魅力の1つ

海外研修制度も用意されているのがドリンクスーパーバイザーの魅力の1つ

5.実はお金も貯められる。社会保険や有給休暇が充実!

基本的な勤務時間は10:00〜18:30(実働7.5時間)。

グルメ開発部には、星付きレストランを経験してきたフードスーパーバイザーもいるため、シェフたちとのプロフェッショナルな会話を通して、知識や人脈を深められるのも魅力の一つ。

「フードスーパーバイザーとチームを組んで仕事をすることもあるので、そこでいろいろな話を聞けるのも勉強になります」と竹村さん。

部署内の研修も充実していて、マーケティングや調理研修といった、バーテンディング周辺の様々なスキルを身につける機会もあります。

契約は1年ごとで4回まで更新でき(最長5年)、出した成果が、契約更新やお給料&ボーナスに反映される実力主義のお仕事。

もちろん基本、土日祝日や年末年始はお休みだし、有給休暇だって取得できます。

さらには、社会保険も完備という手厚い待遇!

お給料をもらいながら知識や経験を増やし、視野や人脈を広げられ、技術も磨ける。さらには、独立を考える人にとっては資金も貯めやすいといった羨ましいお仕事なんです。

「大きな企業だから毎日出社して…というイメージをみんな持っていると思いますが、この部署は自分でスケジュールを組めるので、ストレスフリーで働きやすい。

アウトプットさえしっかりしていれば、みなさんが想像しているよりずっと自由だと思いますよ」(竹村さん)。

「飲食店の形にはいろいろあることを知ったので、入社前と今とでは、独立して作りたい店も確実に変わりました。

でも、いずれにせよ私はとにかくお酒そのものが好きなので『お酒って楽しいよ!』という仕事をしていきたいです!」(太田さん)。

*** ***

これまでの経験を生かしてお酒やお店との新たな関係を築きたい方! 
ぜひ、以下にアクセスを!


★サントリー株式会社 グルメ開発部の採用サイトはこちら
★詳しい募集要項とエントリーはこちらで
★お問い合わせ:
サントリー株式会社 営業推進本部 グルメ開発部 採用担当
e-mail : Gurume_Suntory@skal.suntory.co.jp


  • 1

SPECIAL FEATURE 一覧へ

SPECIAL FEATURE特別取材