バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

今月のバーテンダー

開催中!「東京カクテル7デイズ」で
楽しめる3つのこと。<後編>

東京カクテル7デイズ 2018/DRIKN PLANET

18.05.15

3. バーホッピングで、行きつけのバーを見つける

今年は都内66のトップバーが参加する「東京カクテル7デイズ 2018」。


渋谷エリア、恵比寿・代官山・中目黒エリア、六本木・西麻布エリア、新宿・四谷・神楽坂エリア、青山・赤坂エリア、八重洲・銀座・汐留エリア、池袋エリア、そして浅草・隅田エリアと、今年はエリアも大幅に拡大。
今までにないバーホッピングを体験できるというわけだ。


『Twist your Moment! 』(日常にツイストを!)というコンセプトを掲げる今年は、Day(昼間)・Sunset(サンセット)・Night(夜)と、異なる3つの時間軸で楽しめるオリジナルカクテルを、各店舗のバーテンダーが創作。
5月18日〜27日の期間中、カクテルパスポートを持参した人だけが1杯¥1,000(税・サ別)で味わうことができる。


それではどりぷら編集部がバーホッパー向けにチョイスした、バー&カクテルをご紹介していこう。

トップバーテンダー、渡辺高弘さんが手がける「EL CALVADOR」のオリジナルカクテル。左が「El Calvador」、右が「Limon-thol」。

トップバッターは渋谷エリアから。
渋谷・東急文化村にほど近い「EL CALVADOR」は、東京のバーシーンを代表するバーテンダーの一人、渡辺高弘さんのバー。
スタンダードはもちろん、フレッシュなフルーツやハーブをふんだんに使ったカクテルに定評がある。


そんな渡辺さんが「東京カクテル7デイズ」のために用意してくれたのは、Day1種、Sunset2種、Night1種のカクテルだ。


スペインの無敵艦隊から名付けたという店名をそのままカクテル名にした「El Calvador」は、Sunsetのためのカクテル。
ベースのBACARDI 8にカルバドスを加え、シナモンのアクセントを添えている。


Sunsetのためのもう一種、「Limon-thol」は、GREY GOOSEウォッカに自家製のレモンリキュールとシトラスミックスビターズ、数種のフレッシュハーブをブレンドしたカクテル。
ハーブとレモンが爽やかに香る、5月の夕暮れ時にふさわしい一杯である。

神楽坂にある「BAR 鎹(かすがい)」。DAY TIMEのためのカクテル、「ウォーターインプ」とバーテンダーの山谷頼子さん。

お次は、今年のニューカマー、神楽坂エリアから「BAR 鎹」をピックアップ。


神楽坂というエリアらしく、図書館、あるいは書斎をイメージしてしつらえられた店内は、女性一人でも入りやすい雰囲気。
こちらではDay2種、Sunset1種、Night1種を味わえる。


まだ日のある時間帯に楽しみたいのは、「ウォーター インプ」。
HENDRICK’S をベースに、キュウリ、レモンジュース、グレープフルーツビターズを合わせたフローズンスタイルの爽やかなカクテルだ。


一方、夜も更けた頃にはウイスキーベースの「口説きたい女」をどうぞ。
GLENMORANGIEにコーヒーをインフュージョンしたウォッカ、オレンジリキュール、チョコレートビターズを合わせ、ドライオレンジをガーニッシュに。
1日の締めくくりにふさわしい、芳醇なカクテルが誕生した。

左は「Bar Helissio」の「Tender End」、右は「Bar Slainge」の夜のためのカクテル、「Second Flash」。

どりぷら編集部がいま、最も注目している下町エリア。
浅草・墨田エリアからは「FOS」、「Bar Helissio」、「Bar Slainge 」の3軒がラインナップ。
いずれもカクテルの味わいはもちろん、料理も抜群、内装や雰囲気も良く、バーテンダーの人柄が最高!と、つけいる隙なしの良店揃い。


写真は「Bar Helissio」の「Tender End」。
GLENMORANGIEをベースに、自家製キャラメルシロップ、オレンジジュース、シナモンパウダーで仕上げた。
キャラメルの甘い香りと柑橘の爽やかさが際立つこちらは「1日の疲れを癒し、リラックスした夜を過ごさせてくれる一杯」とバーテンダーの上澤秀徳さん。


一方、「Bar Slainge」がイメージする夜のカクテルは「Second Flash」。
ダージリンティーをインフュージョンしたHENDRICK’Sにティーリキュール、マスカットリキュールフレッシュミルクを加えた。
リラックス効果のある香り高いジンに紅茶とマスカットのフレーバーは、心穏やかに過ごしたい夜にぴったり。
1日の締めに訪れたい。

ホテルバーらしい重厚なムードも魅力の「セラ—バー」。

最後は、ホテルバーで唯一の参加となるリーガロイヤルホテル東京の「セラ—バー」をご紹介。
Dayの「Radiant Refresh」、Sunsetの「Remembering Romance」、Nightの「Reve Rouge」、「Ramble Reason」と、ホテル名にちなんですべてのカクテルにRで始まるネーミングを施した。


「新たな一日の始まりとして、ビールの泡をのせたこれまでにない口当たりが魅力的なDay の『Radiant Refresh』」、Sunsetにはわたあめの雲を乗せた遊びココロのあるカクテルを。
Nightには2つの異なるストーリーで、日常の先にある非日常の夢の世界をお届けします」と、バーテンダーの高山光乗 さんと大北拓真 さん。


昼、夕方、そして夜と、それぞれに趣向を凝らしたカクテルをいただける。


そのほかにもオススメのバーはまだまだたくさん!
まずは5月18日から20日までオープンする「Village」にてカクテルパスポートを入手して、気になるエリア・スポットを目指して。
初夏の一日、バーホッピングを堪能してみよう。


カクテルパスポートの購入はこちら

Bar Information

東京カクテル7デイズ 2018
2018年5月18日〜27日 
東京都渋谷区神宮前6-32-10 エコファームカフェ632
URL:https://cocktailbar.jp/7days

今月のピックアップ INDEXへ

江口宏志さん

江口宏志さん/mitosaya薬草園蒸留所

18.08.01

日本初のオー・ド・ヴィー誕生へ。
mitosaya蒸留所がついに始動!
<前編>

日本ならではのオー・ド・ヴィーを造る!新進ディスティラー、江口宏志さんが2017年から取り組んできた「mitosaya薬草園蒸留所」がこの夏、ついに操業スタート!いち早くその全貌をお伝えする。

嬉野茶時(前編)

嬉野茶時(前編)/東京茶寮(後編)

18.07.01

日本のバーテンディングにも通じる?
日本茶に、世界中が熱視線!
<前編>

世界的に日本茶がブームになっている。
今月は、モダンにアップデートされた日本茶が話題をご紹介しよう。

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

吉本彩乃

Monin Cup Japan / Monin Cocktail Competition/日仏貿易株式会社 2018

金谷麻由

Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部 2018

岡山 寛

Hennessy X.O. Cocktail Competition / MHD 2018

Chivas Masters Cocktail Competition 日本大会/ペルノ・リカール・ジャパン 2018

特別レポート

「The SG Club」後閑信吾さんが語る
最新アメリカンウイスキー事情!

「The SG Club」後閑信吾さんが語る
最新アメリカンウイスキー事情!

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

ウィリアムズ・パンチ

カクテル人気ランキング1>位
ウィリアムズ・パンチ

J.W.サワー

カクテル人気ランキング2>位
J.W.サワー

ムーンライト・ライチ・ブロッサム

カクテル人気ランキング3>位
ムーンライト・ライチ・ブロッサム

World Topicsランキング TOP3

【この街ならこのバー5選】
不定期連載①【パリ編】

World Topics人気ランキング1位
【この街ならこのバー5選】
不定期連載①【パリ編】

欧米のトップバー御用達
UK発「フィーバー・ツリー」とは!?

World Topics人気ランキング2位
欧米のトップバー御用達
UK発「フィーバー・ツリー」とは!?

ニューカレドニアで発見!
癒しのドリンク「カヴァ」とは?

World Topics人気ランキング3位
ニューカレドニアで発見!
癒しのドリンク「カヴァ」とは?

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール