バーテンダ向けカクテルポータルサイト「Drink Planet」

今月のバーテンダー

あのイベントが、ついに日本上陸!
「東京カクテル7デイズ2017」
<前編>

東京カクテル7デイズ/DRINK PLANET

17.04.02

「シンガポール・カクテルウィーク」は開催3回目にして世界各地からカクテルファンが訪れる祭典に。東京も?

世界中のカクテルファンを魅了する「カクテルウィーク」が、ついに日本にもお目見えする。
DRINK PLANETが主催する「東京カクテル7デイズ2017」がそれだ。


5月22〜28日にかけての一週間、渋谷、恵比寿、新宿を中心に約60のバーがこのイベントに参加する。
渋谷のBar 石の華、恵比寿のBar Trench 、The Bar code name Mixology の新店舗となる六本木のMixology Experienceなど、名だたるバーが参加店舗として名を連ねる。


「東京カクテル7デイズ」のベースとなる「カクテルウィーク」は、これまでにロンドン、ニューヨーク、シンガポールの各都市で開催されて好評を博してきた。
海外ではここ数年、カクテルブームが続いており、2010年に初開催した「ロンドン・カクテルウィーク」以降、ヨーロッパはもちろん、北米で、アジアで、世界的規模のカクテルイベントとして注目が集まる一方だ。


日本のバーやバーテンディグは海外でも高く評価されており、海外進出を果たすバーテンダーも少なくない。
それなのに、そうした事情は一部のコアなファンをのぞき、日本では意外に知られていない。
こうしたイベントを東京で開催することで、世界に注目されている日本のバーシーンを改めて一般にアピールすることが期待されている。

一方、「ロンドン・カクテルウィーク」では街のあちこちにポップアップバーやスタンドが登場した。

さて、「カクテルウィーク」の人気の理由は、カクテルファンなら誰でも参加できるという間口の広さ。
例えばロンドンでは市内のバーやパブ150軒をサテライト会場とするほか、街中に出現する特設会場で様々なカクテルやバー体験、お酒にまつわるセミナーやワークショップを気軽に楽しむことができる。
普段はカクテルと縁のないアパレルブランドのショップまでもがカクテルをサーブするというから、その浸透度が窺い知れるというもの。


アジアで先陣を切ったのがシンガポールだ。
先ごろ行われた「シンガポール・カクテルウィーク」にはアジア諸国から多くのカクテルファンが駆けつけ、日本からもBar HIGH FIVE上野秀嗣さん、Bar K藤井隆さんなど多くのバーテンダーが参加した。


主催者から招聘されたというBar Benfiddichの鹿山博康さんに現地の様子を伺ってみよう。


「シンガポールも東京と同様、有名なバーは同じエリアに固まっているので、銀座8丁目界隈のようにバーホッピングができるんです。
いずれのバーもコンセプトがはっきりしている上、カクテルの見せ方が抜群に上手いので、大いに刺激を受けました。


印象深かったのはバックバーの作り方や内装でしょうか。
日本のバックバーはどこも作りが似ていて、そこに置いたメインのボトルとバーテンダーの個性で勝負する印象ですが、シンガポールではバックバーの作りからして店のコンセプトを体現しているんです。
もちろんそれぞれの店のシグネチャーカクテルにもワクワクしました!」

3月の「シンガポール・カクテルウィーク」に参加した鹿山さんは、Bar Nativeでマスタークラスを開催した。

「八戸Legend of Bartender」優勝の副賞としてシンガポールのD.Bespokeにてゲストバーテンディングを行ったのはPAVILIONの杉浦聡さん。
カクテルウィーク中のシンガポールを訪れるのは初めてだったというが、オンオフ問わず大いに楽しめたようだ。


「街中のあちこちでカクテルウィークのポスターを見かけましたし、シンガポールのカクテルウィークは作り手も飲み手も一つになって楽しんでいるイメージでした。
街をあげて取り組んでいる、そんな熱い思いがひしひしと伝わってきましたね。
ATLAS Barで見た、800種類以上あるジンタワーも圧巻でしたし、シンガポールの勢いはまだまだ続きそうだと感じました」


現地で印象深かったのは、満席や立ち飲みを厭わず、一杯¥2,000以上のカクテルを何杯も飲んでいるカクテルファンの存在だったそう。


「シンガポールの人にはネグローニやオールドファッションといったスタンダードカクテルが好まれていましたが、お酒やカクテルが文化として生活の一部に溶け込んでいるのを感じました」

一方、杉浦さんはD.Bespokeでゲストバーテンダーを務めた。

東京での初開催となる「東京カクテル7デイズ2017」は「Classic VS Futuristic,from 1847〜2047」というテーマを掲げている。


各店舗ではこのテーマにちなんだオリジナルカクテルを用意しているのだが、参加チケットとなるパスポートを購入すれば誰でも、このオリジナルカクテルを特別プライスで味わうことができる。
間口が広いという点も、海外のカクテルウィークと同様だ。


またイベントの基地となる“Village”(Weeend Garage Tokyo、渋谷区代官山町1-1)には、Beefeater、 Grand Marnier、Hendrick’s、Ketel One、TUMUGI、Woodford Reserveなどのブランドによるポップアップバーが登場する。
カクテルのテイスティングのほか、ミニセミナーなどワークショップも行う予定だ(いずれも人数限定)。

こちらがただいま発売中のイベントパスポート。

さて、イベントの参加にはカクテルパスポートが必要となるが、そのパスポートには様々な特別特典が付いている。

・"Village”での6種類の無料カクテル体験
・参加バーで使用できる、カクテル1杯の無料チケット
・参加60店舗での特別カクテルをスペシャルプライスで
・“Village”で開催されるスペシャルミニセミナーへの参加(人数限定、先着順)
・グラン マルニエのミニチュアボトルをプレゼント(先着1800名)
・話題のフードデリバリーサービス、UberEATS¥1,500相当分チケット
・最終日に開催されるシークレットパーティへのご招待(抽選)


パスポートはすでにオンラインで発売を開始しており、5月21日までに購入するとパスポート代金が30パーセントOFFとなるほか(¥5,000→¥3,500、税込)、先着順でグラン マルニエのミニチュアボトルをプレゼント。
ペアで購入するとさらにお得(2名分¥10,000→¥6,800)になるので、ぜひお早めに購入を!


次回はこのイベントの遊び方を、イベントのプロデューサーにしてDRINK PLANETディレクターの辻からお話ししよう。


後編に続く。

Bar Information

東京カクテル7デイズ
 
2017年5月22日〜5月28日渋谷区代官山町1-1(Village)

今月のピックアップ INDEXへ

炭酸氷

炭酸氷/KIYORAきくち

17.03.01

未来のバーのスタンダードに!
世界初、炭酸氷登場。
<前編>

熊本と東京の一部のバーテンダーの間で話題になっているアイテムがある。熊本の水素水製造メーカーが手掛けた、「炭酸氷」がそれだ。「あったらいいな」を形にしたユニークな氷の正体とは、果たして?!

大竹学さん、中村サビーヌさん

大竹学さん、中村サビーヌさん/ロイヤル バー

17.02.01

半世紀の歴史が培う、
ロイヤル バーのフィロソフィ。
<前編>

「Mr.マティーニ」こと今井清さん、「世界一」の称号を手にした大竹学さんらが采配を振るってきたロイヤル バー。受け継がれるバーテンディングと、若きバーテンダーの挑戦をお届けしよう。

TOKYO 2017 COCKTAIL 7 DAYS

DrinkPlanetメンバーの方

メール
パスワード
  ログイン情報を記憶する

Drink Planet

佐藤 健太郎

Bacardi Legacy Cocktail Competition / Bacardi 2017

藤倉 正法

Beefeater Global Bartender Competition / Beefeater 2016

松下 知寛

Beam Suntory The Cocktail Award / Suntory 2016

長友 俊也

Yokohama Cocktail Competition / NBA 横浜支部 2016

WHAT'S DrinkPlanet

日本中のバーテンダーに贈る業界初のカクテルウェブマガジン

カクテル人気ランキング TOP3

フォグ・カッター

カクテル人気ランキング1>位
フォグ・カッター

ホットチョコレート

カクテル人気ランキング2>位
ホットチョコレート

セージ・ヘヴン

カクテル人気ランキング3>位
セージ・ヘヴン

World Topicsランキング TOP3

カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

World Topics人気ランキング1位
カクテルにポリネシアの風!
再燃するティキ・ブームとは!?

パリで話題の「モヒートラボ」発、
「アーバンモヒート」とは!?

World Topics人気ランキング2位
パリで話題の「モヒートラボ」発、
「アーバンモヒート」とは!?

後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

World Topics人気ランキング3位
後閑信吾氏プロデュースのバー
「Speak Low」が上海に開業!

ドリプラブログ

15.02.23
PBO主催「全国バーテンダーズ・コンペティション2015」
14.10.14
2014横濱インターナショナルカクテルコンペティション
13.08.13
スカイ・ボール